最新記事更新記録はこちら↓

お名前コムで独自ドメインが安い (06/17)

Firefoxのアドオンを停止する・Firefoxフリーズ対策 (06/14)

いずれレンタルサーバーへお引越しするかも知れない (06/10)

また、IEに問題発? (05/23)

iPhoneをスキャナとして利用できるライトスタンドがあるんだって (05/21)

リロードとスーパーリロードってどう違う? (05/17)

Google検索の上位サイトが専門家が書いた難しいページだらけになる日がくるかも (05/15)

歩行中のスマートフォンの利用を法律や条令で規制すべきか? (05/11)

ワードパットはどこにある? (05/08)

会社のWordが使いにくいと感じたらワードパットを使ってみよう (05/06)

IEって何?InternetExplorer?ブラウザって何? (05/02)

IE使っては駄目!国土安全保障省のコンピュータ緊急対応チームから (04/30)

黒いパソコンは重い? (04/27)

携帯電話の絵文字が共通化されるらしい (04/26)

シーサーブログの投稿記事の下に広告を自動表示させる (04/20)

Windows7、8、8.1のサポート期限 (04/13)

GoogleのAndroidOS用オフィスアプリQuickofficeでできること (04/12)

WindowsXPのサポートが終わってしまいましたがな (04/10)

Windows7のスタートメニューによく使うソフトやフォルダのショートカットを登録してみよう (04/08)

Windows7になったらタスクマネージャーはどうやって出す? (04/02)

WindowsXPにWindows Live メールをインストールしておくとWindows7・8への移行が楽らしい (03/27)

Windows7のスタートメニューにショートカットアイコンをおいて、ソフトの起動を簡単に (03/23)

WindowsPCのシャットダウン (03/21)

複数のテキストを比較する無料ソフト (03/14)

入力しにくい文字をローマ字入力する (03/13)

災害時インターネットは強い (03/11)

ノートパソコンのタッチパットをOFFにする方法 (03/09)

wordの自動箇条書きをOFFにしよう (03/07)

Windows7以降のWindowsOSに標準で付属している電卓が便利だ (03/04)

「半角/全角」キーを押すとひらがなの「ろ」が入力される (03/01)

総記事数:
Top Page > タグ: ドメイン

スポンサーサイト

サイトの文字の大きさを変える場合はクリック⇒ 文字を大きくする 文字を小さくする

カテゴリ:スポンサー広告 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


無料ブログのドメイン形式、どんなドメイン形式がSEOに有利?

サイトの文字の大きさを変える場合はクリック⇒ 文字を大きくする 文字を小さくする

カテゴリ:ブログカスタマイズブログ作成・スタイルシート・HTMLの基礎知識 
テーマ:ホームページ・ブログ制作 / ジャンル:コンピュータ

 無料ブログのドメイン形式、どんなドメイン形式化がある?

 どの無料ブログのサーバーを選んだらいいか考えるときに、ドメイン形式を知っておくと、いいかもしれない。

 ドメインの形式によって、検索エンジンは、そのブログを独立したものと見てくれたり、逆に、そのサーバーのすべてのブログのうちのひとつのコンテンツとみなしたりするのだそうだ。

 


無料ブログのドメイン形式

ディレクトリ形式
http://blog.livedoor.jp/×××/といったようなサーバー名(ドメイン名)の後にブログIDなどが入っている形式。

 

サブドメイン形式
 http://×××.fc2.com/といったような、サーバー名(ドメイン名)の前にブログのIDなどが入っている形式。

 


SEOにはサブドメイン形式が有利

 SEO的には、サブドメイン形式が有利だと言われている。

 なぜ、サブドメイン形式のほうが有利なのか?

 

 検索エンジンは現在のところ、サブドメイン形式のブログ(サイト)に関しては、ひとつの独立したブログ(サイト)とみなしている。

 ディレクトリ形式のブログやサイトは、そのドメインの中のひとつのコンテンツとみなすのだそう。

 例えば、http://blog.livedoor.jp/×××/は、ライブドアブログの××というコンテンツページ(あるいは、カテゴリページ)に過ぎないとみなす。

 

 さらに、Googleの検索エンジンは、ひとつのサイトの中で同じキーワードを使ったページの検索結果表示は2件までなんだそうだ(ほんとかどうかは不明だけど)。

 これがほんとだとすれば、ディレクトリ形式のブログの場合、無数にある同一ドメイン名のブログの中で、上位2位までにサイトが入らなければ、Googleの検索結果に表示されないってこと。

 

 また、例えば、ディレクトリ形式のサイトの場合、他のサイトが検索エンジンからペナルティを食らうと、他のサイトも同じサイトのコンテンツとみなされダイレクトに影響がでてしまうといわれている。

 

 ディレクトリ形式の場合、FC2ブログ・シーサーブログ・ブロガーなどはサブドメイン形式。

 livedoorはディレクトリ形式(有料版はサブドメイン形式なのだそうだ)。


 無料ブログサービスを選ぶときにはブログのURLがサブドメイン形式のものを選んだほうが、検索エンジンにアプローチしやすい。

 


気に入ったら、押してね⇒FC2 Blog Ranking

ホームに戻る.ダイヤル0

関連記事
スポンサーサイト

サイト内の記事へのタグリンク↓
無料 ブログ ドメイン ドメイン形式 ディレクトリ サブドメイン ドメイン名 

FC2ブログ内同タグ へのリンク↓
無料 ブログ ドメイン ドメイン形式 ディレクトリ サブドメイン ドメイン名

 2012.09.03 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


独自ドメイン・メリットデメリット

サイトの文字の大きさを変える場合はクリック⇒ 文字を大きくする 文字を小さくする

カテゴリ:ブログカスタマイズブログ作成・スタイルシート・HTMLの基礎知識 
テーマ:ホームページ・ブログ制作 / ジャンル:コンピュータ

 ドメインの話が出たついでに、よく聞く独自ドメインの話をちょっと。

 独自ドメインのメリットと言うことで、よくあげられるのが以下の3つ。

 


独自ドメインのメリット

  • 独自ドメインだと好きな名前のURL&メールアドレスにできる。

  • 独自ドメインだと今後URL&メールアドレスが変わらない。
     レンタルブログでも、プロバイダ提供ディスクスペースでのサイト運営でも、レンタルサーバーでのサイト運営でも独自ドメインならサイトのURLは変わらない。
     何らかの事情で、サーバーを変えてもサイトのURLが変わらないので其れまでのサイト運営が無駄にならない。
     
     例えば、FC2ブログからシーサーブログにブログのサーバーを変えた場合、通常なら、サイトのURLが変わってしまうので、検索エンジンは、そのサイトは別物だとみなす。
     せっかくページランクなどがついていてもゼロからやり直しってことになる。

  • 検索大手のGoogleでは、同一ドメインのサイトは最大で2サイトまでしか検索結果に表示し無いため独自ドメインのサイトのほうがSEO対策に有利。
     ただし、現在の状況では、 サブドメイン形式のサイトも独立したサイトと認められているようなので、ディレクトリ形式でさえなければ関係ないかも。

 


独自ドメインのデメリット

  • 知識が要る。
  • お金がかかる。

 


 独自ドメインの最大のメリットって行ったら、『一度独自ドメインをとったら、一生、同じメールアドレスやURLを使うことができる』ってところかな。

 

 サーバーが変わろうが、プロバイダが変わろうがURLは変わらない。

 

 これが独自ドメインの最大のメリット。

 

 ちなみに、独自ドメインを一回とれば、基本的には、ドメインの管理業者を変えても問題なくドメインを使い続けることができる。

 

 気になる独自ドメインの収得・管理料金だが・・・。

 安いところでは、年間管理料金が数百円。

 でも、他に、レンタルサーバーの代金などもかかってくる。

 

 管理人の場合、最大の問題は、知識が少ないってとこ。

 


気に入ったら、押してね⇒FC2 Blog Ranking

ホームに戻る.ダイヤル0

関連記事

サイト内の記事へのタグリンク↓
ドメイン 独自ドメイン サブドメイン ディレクトリ サイト ブログ レンタルサーバー 

FC2ブログ内同タグ へのリンク↓
ドメイン 独自ドメイン サブドメイン ディレクトリ サイト ブログ レンタルサーバー

 2012.09.04 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


独自ドメインの種類・属性型ドメインと汎用型ドメイン

サイトの文字の大きさを変える場合はクリック⇒ 文字を大きくする 文字を小さくする

カテゴリ:ブログカスタマイズブログ作成・スタイルシート・HTMLの基礎知識 
テーマ:ホームページ・ブログ制作 / ジャンル:コンピュータ

 独自ドメインの収得と維持管理にかかるお金はいくらぐらい?

 例えば、FC2ブログの有料版の場合、独自ドメインを使うことが可能だ。

 ただし、FC2で独自ドメインの管理をしてもらう必要がある。

 他社で独自ドメインを収得した場合、FC2に管理を移す必要がある。

 他社からの独自ドメインの移管手続きはちょっとおいといて、FC2ブログで独自ドメインを使う場合の費用をちょっと見てみよう。

 でその前に、独自ドメインは、ドメインの種類によって、費用が違うので、その説明を少し。


属性型jpドメイン

末尾が「.jp」で終わるドメイン名(JPドメイン)のうち、セカンドレベル(.jpの左隣の領域)が組織種別ラベルとなり、サードレベルドメインが組織名となっているもの。組織種別ごとに登録資格が決まっている。以前はすべてのJPドメイン名がこの形式であった。

属性型JPドメイン名の分類は9つある。営利法人用の「co.jp」、非営利法人用・国際機関・外国政府の在日公館の「or.jp」、法人格のない任意団体用の「gr.jp」、多数者向けのネットワークサービスを意味する「ne.jp」、政府組織用の「go.jp」、地方自治体用の「lg.jp」、高等教育機関・学校法人用の「ac.jp」、幼稚園・保育園・小中高校など18歳未満対象の教育機関用の「ed.jp」、JPNIC会員が運用するネットワークが使用する「ad.jp」である。

属性型JPドメイン名は、地域型JPドメイン名と合わせて1つの組織につき1つしか使用することができない。例外的に、ドメイン名を変更する際にはおよそ半年の間、2つのドメイン名を併用でき、会社の合併などで1組織が2つ以上のドメイン名を持った場合も、およそ半年間はすべてのドメイン名を引き続き保有できる。また、neドメインはネットワークサービスごとに取得できるため、一人または一社で複数のneドメインを所有することができる。

なお、汎用JPドメイン名を登録していても属性型JPドメイン名を別に登録することができる。

 

 基本的には、属性型JPドメインは企業・法人が収得するもののようです。


汎用JPドメイン

「○○○.jp」のように、セカンドレベルに取得者の希望する名称を登録することができるJPドメイン名。

もともとJPドメイン名は「○○○.co.jp」や「○○○.ne.jp」など、セカンドレベルに組織種別を表す2文字を持ち、サードレベルに名前を登録する形であった。汎用JPドメイン名は2001年に新しい枠組みとして導入され、組織名だけでなく、商品名やイベント名などでの活用が進んでいる。

また、これまでは原則として1組織につき1ドメインしか登録できなかったが、いくつでも自由に登録できるようになった。ほかにも、日本語のドメイン名が使用できることや、個人でも簡単にドメイン名が登録できるなど、それまでの制約を大幅に緩和したものとなっている。

汎用JPドメイン名導入後も、組織種別ドメインや地域型ドメインなど、既存のJPドメインの運用はこれまでどおり行われ、従来通りの条件で登録の受付等が行われている。

 

 個人で収得する場合はこちらの汎用JPドメイン。

 企業や法人でも収得はできるが、信用度は属性型ドメインのほうが上。

 


 FC2サービスで独自ドメインを収得する場合、汎用Jpドメインも属性型JPドメインも収得できるようだ。

 


気に入ったら、押してね⇒FC2 Blog Ranking

ホームに戻る.ダイヤル0

関連記事

サイト内の記事へのタグリンク↓
独自ドメイン 種類 属性型ドメイン 汎用型ドメイン ドメイン 

FC2ブログ内同タグ へのリンク↓
独自ドメイン 種類 属性型ドメイン 汎用型ドメイン ドメイン

 2012.09.05 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


FC2サービスの独自ドメイン収得・管理費用

サイトの文字の大きさを変える場合はクリック⇒ 文字を大きくする 文字を小さくする

カテゴリ:ブログカスタマイズブログ作成・スタイルシート・HTMLの基礎知識 
テーマ:ホームページ・ブログ制作 / ジャンル:コンピュータ

 FC2ブログで独自ドメインを使う場合の費用をちょっと見てみよう。

 まずは、Fc2サービスでの独自ドメインの収得・管理費用の話から。

 


FC2サービスの独自ドメイン収得・管理費用

 属性型ドメインの場合は、初年度のドメイン収得費用管理費用と次年度からの費用(更新費用)が違う。

 属性型以外の独自ドメインの場合は、初年度の収得費用・管理費用も次年度の費用も同じ価格になる。

属性型ドメインの費用

初年度⇒.co.jp 5,480円/年(税込) 、翌年以降⇒3980円/年(税込)

初年度⇒.or.jp 5,480円/年(税込)、翌年以降⇒3980円/年(税込

 

属性型以外の独自ドメインの費用

.us ⇒598円/年(税込)

.com、.net、.org、.info、.biz⇒798円/年(税込)

汎用jp ⇒2,800円/年(税込)

 その他、ドメインによって数千円から数万まで。

 


 で、気になるのは、一番値段の安い.us というドメイン。

 .us ってなに?

 他のドメインとどう違う?

.usドメインとは?

.usドメインの登録にはアメリカ合衆国との関連性が必要とされ、以下のような実体に限られる。 アメリカ市民・居住者アメリカの組織・企業などの実体外国の組織・実体で、実際にアメリカに存在しているもの

 ???

 FC2はアメリカの会社だけど、われわれ日本のFC2ユーザーは.us ドメインを取れるんだろうか?

 

 FC2のインフォメーションでは、『WHOIS情報とは、 インターネット上で公開する事が義務付けられている ドメインの登録者情報の事です。 登録者情報は第三者でも確認する事が出来ますが、一部のドメインは 公開する情報を弊社の登録情報に変更する事ができます。』って記載があるから、取れるのかも。

 


気に入ったら、押してね⇒FC2 Blog Ranking

ホームに戻る.ダイヤル0

FC2総合インフォメーション 【FC2ドメイン】対応ドメインを追加しました!

関連記事

サイト内の記事へのタグリンク↓
ドメイン 独自ドメイン FC2 

FC2ブログ内同タグ へのリンク↓
ドメイン 独自ドメイン FC2

 2012.09.07 / コメント:: 0 / トラックバック:: 1 / PageTop↑


お名前コムで独自ドメインが安い

サイトの文字の大きさを変える場合はクリック⇒ 文字を大きくする 文字を小さくする

カテゴリ:日記 
テーマ:ホームページ・ブログ制作 / ジャンル:コンピュータ

 なんだか、お名前comの独自ドメインが安い。

.net/日本語.net 600円/年、次年度以降920円

.com/日本語.com 920円、次年度以降920円

.xyz 150円、次年度以降1,280円

.asia/日本語.asia 150円、次年度以降1,980円

日本語.biz 380円、次年度以降990円

.info 380円、次年度以降990円

.co/日本語.co 380円、次年度以降?

.org 480円、次年度以降990円

.biz 580円、次年度以降990円

.jp.net/日本語.jp.net 580円、次年度以降920円

.jpn.com/日本語.jpn.com 580円、次年度以降

.pw/日本語.pw 680円、次年度以降920円

.in.net/日本語.in.net 680円、次年度以降920円

.me 680円、次年度以降2,480円

.mobi 920円、次年度以降1,980円

.jp 2,840円、次年度以降2,840円

 

 次年度以降料金が高くなるドメインはともかくとして、.info や.netは他の業者より明らかに安い。

 2014年6月18日(水)19:00までの期間限定だそうだから、独自ドメインの収得を考えている人は、利用してみるのもいかも。



ホームに戻る.ダイヤル0

関連記事

サイト内の記事へのタグリンク↓
ドメイン 独自ドメイン 

FC2ブログ内同タグ へのリンク↓
ドメイン 独自ドメイン

 2014.06.17 / コメント:: 3 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


無料ウイルスソフト
管理人も使用中
キングソフトインターネットセキュリティU

最新記事
ようこそ


サイト内外の検索ができます。キーワードを入力してください。
サイト内検索↓

カスタム検索

サイト外検索↓

設置日時 2008・02・17

マカフィー・ストア

全記事表示リンク
カテゴリ
タグリスト 改

ドメイン独自ドメインブログFirefoxブラウザフリーズアドオンIEIE8PhoneスマートフォンスキャナリロードスーパーリロードGoogleSEO検索検索結果上位サイトワードパットWindowsフリーソフトWord無料ソフトワープロInternetExplorer脆弱性セキュリティパソコン携帯電話絵文字シーサーブログカスタマイズテンプレートWindows8.1Windows8メインストリームサポート延長サポートWindows7サポートAndroidOfficeQuickofficeWindowsXP起動アイコンフォルダショートカットスタートメニューCtrl+Alt+DelタスクマネージャーWindowsLiveメールデータ移行メール連絡先OutlookExpressシャットダウンテキスト比較ローマ字入力入力キーボード東日本大震災インターネット災害タッチパットポインティングデバイスノートパソコンword箇条書き電卓OS入力できない半角排紙トレーが開いています印刷プリンターエラーYahoo!ヘッドクリーニングプリンターヘッド目詰まりExifGPSクリーニングインク染料顔料パスワードOpenOffice.orgLibreOfficeApacheOpenOffice百度ShimejiアプリBaidu日本語入力hao123IMEクラウドスケジュールPCalphaEDIT32ビット64ビットアップグレード電源の管理日本ヒューレット・パッカード3万円台赤ロム白ロムUSBメモリーフォーマットtranscendUSBメモリー再生書き込み禁止になっていますリカバリーツールGooアップデート更新プログラムオリンピックコメントニュースLinuxブートパーティションInter7フリーメールメールアドレス2ちゃんねる流出個人情報ID2チャンネルインストールWubiUbuntu日本語版USBハブ転送速度セルフパワーバスパワープライバシーGmail侵害マウスホイールマウスIDManager管理作成ハードディスク買い替え文字化け改行コード文字コードサイズ起動できないブートローダーLANポートデバイスマネージャーデュアルブートメモリメニューバーSilverlightFlashPlayerAdobeOSLinuxUbunt12.04.2インターネット接続言語の設定日本語化UnetBootinメモリー光学式右クリックXPKeePassGoogle+アドセンススコアボードインポートIDmanegerトラブルMicrosoftKB2839229Linuxで更新復元セーフモードシステムvCalendarvcsスマホジョルテThunderbirdOutlookサンダーバードPIMエクスポートFC2手書き入力Yahoo!IDツール確認GooglePlay詐欺カレンダーアウトルック同期オフラインジョルデCSVガラゲーSIMカードフィーチャーフォン7スポットスポットタッチペン金属繊維ペンスタイラスデーター赤外線通信共有GoogleアカウントMoborobo2.0iOS無線LANYahoo!スマホマネージャーアンドロイドOS日時表計算ソフト自動更新関数表示アンドロイドカメラシャッター音DoNotTrackIE10デスクトップExplorerIntrenet8ウインドウズ732ビット64偽サイト偽装サイトスタイラスペンMZK-RP150NポータブルWi-Fiポケットルータ無料無線LANスポット無線LANスポットドコモルーター有線LANタブレットアダプタ有線BlueStacksパスワード管理ソフト注意点サイトショットノートヌーボードショットノートヌーボードコード閲覧SafariInternetLunascapeChromeキャッシュクッキー一時ファイル削除履歴証明書取り消し情報ルート証明インターネットオプションアップロード情報違法開示ゴミ箱設定容量ファイルクラッシャーKingsoftAntiSpywareLunascape6キャッシュバックFC2コンテンツキャンペーンマーケット反映OpenOffice.orgCalcシートExcel列幅セル表計算移動入力欄テンキー数字ツイッターTwitterYahoo!カレンダーメールソフトネクサス7無料メールgooショートカットキープリンタ詰替プルンターノズルチェックカートリッジジャンル私製はがき年賀状フォント手書き手書き風フォント素材日本郵政はがきデザインキットOpenOfficeCalcオフィスソフトOpenOfficeカテゴリNexus7iPadminiスペックHiMakeDocWeb自動巡回用ファイルコンバートソフトカテゴリーリストタイトルテーマGoogleアドセンスストレージYahoo!ファイル関連記事シーサー株式会社JavaScriptウインドウズXPサポート終了カウントダウンJavascriptゲームCalcWi-Fi接続フリースポットFC2ブログ登録Writer宛名ワープロソフト制作レンタルトラックバック迷惑URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。