最新記事更新記録はこちら↓

お名前コムで独自ドメインが安い (06/17)

Firefoxのアドオンを停止する・Firefoxフリーズ対策 (06/14)

いずれレンタルサーバーへお引越しするかも知れない (06/10)

また、IEに問題発? (05/23)

iPhoneをスキャナとして利用できるライトスタンドがあるんだって (05/21)

リロードとスーパーリロードってどう違う? (05/17)

Google検索の上位サイトが専門家が書いた難しいページだらけになる日がくるかも (05/15)

歩行中のスマートフォンの利用を法律や条令で規制すべきか? (05/11)

ワードパットはどこにある? (05/08)

会社のWordが使いにくいと感じたらワードパットを使ってみよう (05/06)

IEって何?InternetExplorer?ブラウザって何? (05/02)

IE使っては駄目!国土安全保障省のコンピュータ緊急対応チームから (04/30)

黒いパソコンは重い? (04/27)

携帯電話の絵文字が共通化されるらしい (04/26)

シーサーブログの投稿記事の下に広告を自動表示させる (04/20)

Windows7、8、8.1のサポート期限 (04/13)

GoogleのAndroidOS用オフィスアプリQuickofficeでできること (04/12)

WindowsXPのサポートが終わってしまいましたがな (04/10)

Windows7のスタートメニューによく使うソフトやフォルダのショートカットを登録してみよう (04/08)

Windows7になったらタスクマネージャーはどうやって出す? (04/02)

WindowsXPにWindows Live メールをインストールしておくとWindows7・8への移行が楽らしい (03/27)

Windows7のスタートメニューにショートカットアイコンをおいて、ソフトの起動を簡単に (03/23)

WindowsPCのシャットダウン (03/21)

複数のテキストを比較する無料ソフト (03/14)

入力しにくい文字をローマ字入力する (03/13)

災害時インターネットは強い (03/11)

ノートパソコンのタッチパットをOFFにする方法 (03/09)

wordの自動箇条書きをOFFにしよう (03/07)

Windows7以降のWindowsOSに標準で付属している電卓が便利だ (03/04)

「半角/全角」キーを押すとひらがなの「ろ」が入力される (03/01)

総記事数:
Top Page > タグ: 百度

スポンサーサイト

サイトの文字の大きさを変える場合はクリック⇒ 文字を大きくする 文字を小さくする

カテゴリ:スポンサー広告 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


Baidu(百度) IMEの使用停止勧告

サイトの文字の大きさを変える場合はクリック⇒ 文字を大きくする 文字を小さくする

カテゴリ:パソコン・インターネットトラブル解消法プライバシー保護・機密保持 
テーマ:パソコンな日々 / ジャンル:コンピュータ

 IMEインプット メソッド エディタといえば、パソコンの文字を入力するためのソフト。

 Windowsには『Microsoft IEM』が標準でついている。

 他に有名なIEMとしては、ATOKやGoogle日本語入力などがある。

 ちなみに、一部のパソコンには、Baidu IMEがプレインストールされている場合もある。

 で、このところ問題になっているのが、この、Baidu(百度) IME。

 

Baidu(百度) IMEとは?

 Webページの情報を元にして開発されていることから、有名人や話題のキーワードの変換や、顔文字の入力、予測変換機能、入力学習機能に強い点が当初からの特徴。

 また、「スキン」と呼ばれる文字入力スペースのデザインを切り替えて見た目を変更したり、用途に応じたオプション辞書を備え、利用者はカスタマイズして使用できる。

 リニューアル後は画面キャプチャ機能が搭載されている。

 公式サイトでは、以下の特徴が紹介されている。

 話題のワード入力・ 顔文字入力 ・学習機能・予測変換 ・スキンのきせかえ・ 選べる入力スタイル・ 個性的なオプション辞書・ スクリーンショット機能 ・アスキーアート入力。

 

Baidu(百度) IMEの問題点

 かつて、「ユーザーが入力した情報については、暗号化してバイドゥのサーバーに送信される」と利用ガイドラインに明記されていた。

 同社は公式スタッフブログで現在は、初期設定では送信しないように修正されている]と発表していた。

  しかし、本ソフトは初期設定でパソコンに打ち込まれたほぼすべての情報を利用者に無断で外部に送信していたことが判明。

 初期設定ではパソコンの情報を外部に送信しないと表示しているが、セキュリティー会社が分析したところ、実際にはパソコン固有のID、利用しているソフトの名前と、利用者がパソコンで打ち込んだほぼすべての情報を同社のサーバーに送信していた。

 各パソコンからサーバーに情報を集め、変換精度を向上させる「クラウド変換」を行うためとみられる。

 内閣官房情報セキュリティセンター(NISC)や文部科学省は、中央省庁や大学、研究機関など約140機関に使用停止を呼びかけた。

 

 同じような問題を抱えているIEMは他にもある。

 Social IMEなどにも同様な問題点が指摘されている。


気に入ったら、押してね⇒FC2 Blog Ranking

ホームに戻る.ダイヤル0

関連記事
スポンサーサイト

サイト内の記事へのタグリンク↓
無料 フリーソフト 日本語入力  Baidu 百度 IME 

FC2ブログ内同タグ へのリンク↓
無料 フリーソフト 日本語入力 Baidu 百度 IME

 2013.12.26 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


Baidu(百度) IMEの問題について百度側の説明

サイトの文字の大きさを変える場合はクリック⇒ 文字を大きくする 文字を小さくする

カテゴリ:パソコン・インターネットトラブル解消法プライバシー保護・機密保持 
テーマ:パソコンな日々 / ジャンル:コンピュータ

 皆さん、あけましておめでとうございます。

 

 新年早々、Baidu(百度) IMEの入力データが中国本国の百度に送られているという話の続き。

 百度のほうからは、『入力データーの送信はされていない』との説明があったらしい。

 

Baidu(百度) IMEの問題について百度側の説明

・無断でサーバーに送信されているとされている点
→「Baidu IME」については、ソフトウェア利用規約によりユーザーに事前許諾をいただき、また、クラウド変換のON/OFF設定も可能となっており、無断送信はしておりません。

・入力したパスワードが中国のサーバーに送られているといわれている問題について
→パスワードやカードなどの信用情報については、クラウド変換利用時も外部へは送信しておりません。

 という説明があったらしい。

 百度によれば、データを送信するのはユーザーが許諾した場合のみ。

 データを送信した場合においても、パスワードやカードなどの信用情報は送信されない。

 根幹となるクラウド変換技術についても、関連サーバーとデータはすべて日本国内で厳重に管理されており、また送られた情報が個人情報とひもづけられたり、漏えいしたりするリスクはないと説明。

 

 ちなみに、百度のスマートフォン用IMEShimejiについては報道にあったとおり、クラウド変換をOFFに設定した場合でもクラウドサービスにアクセスしてしまう不具合があり、修正済みとのこと。

 

 えーと、「Baidu IME」の問題点のひとつは、初期状態でクラウド送信がONになっているってことじゃなかったっけ?

 『ソフトウェア利用規約によりユーザーに事前許諾をいただいてるので無断ではないし問題ない』かあ。

 まあ、理屈としては、そうなんだけど。

 ソフトウェアの利用規約ってそんなに隅々まで見る人いないんじゃないかなあ?

 要は、使う側の問題ってことか。

 

 おいら、ShimejiもBaidu IMEも使わないからなあ。

 必要としてないし。

と思ったのだが・・・。

 Baidu(百度)には管理人痛い目にあっていたのを思い出した。

 Baidu(百度)IMEじゃないんだけど、Baidu(百度)のナビゲーションサイトhao123のインストールプログラム。

 hao123が一度インストールされると、とにかく削除するのが大変。

 フリーソフトのインストールに伴って、同時にインストールされることが多いのだが・・・。

 「百度(Baidu)」と言えば、Googleの次に使われている検索エンジンだそうだけど、hao123は凶悪。

 


気に入ったら、押してね⇒FC2 Blog Ranking

ホームに戻る.ダイヤル0

関連記事

サイト内の記事へのタグリンク↓
Baidu 百度  IME クラウド Shimeji 

FC2ブログ内同タグ へのリンク↓
Baidu 百度 IME クラウド Shimeji

 2014.01.01 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


Baidu(百度) IMEを削除する方法

サイトの文字の大きさを変える場合はクリック⇒ 文字を大きくする 文字を小さくする

カテゴリ:パソコン・インターネットトラブル解消法プライバシー保護・機密保持 
テーマ:パソコンな日々 / ジャンル:コンピュータ

 Baidu(百度) IMEの削除方法について。

 もし、Baidu(百度) IMEがインストールされていて、『削除したいけど、どうしたら良いのかわからない』という場合の対処方法をおひとつ。

 

Windows7からBaidu(百度) IMEを削除する方法

1、[ スタートメニュー ] → [ コントロールパネル ] → [ 時計、言語、および地域 ] → [ キーボードまたは入力方法の変更 ] → [キーボードの変更 ]ボタンをクリック

2、Baidu(百度) IMEをクリック。

3、『削除』をクリック。

4、『適応』⇒『OK』

 

Windows7からBaidu(百度) IMEを削除する方法2

1、スタートメニューから「コントロールパネル」⇒「プログラムのアンインストール」をクリック。

2、「Baidu IME」を探し、ダブルクリック。

3、アンインストールをクリック。

4、「本当にアンインストールしますか?」と再度聞いてくるので『はい』をクリック。

5、『アンインストール』をクリック。

6、「学習情報と環境設定を保存しますか?」と出るので『いいえ』をクリック。

7、ブラウザが開き、アンケートページに飛ぶけど、別に答えなくて良いので、そのままブラウザを閉じる。

8、パソコンを再起動。

 

 とまあ、hao123に比べると非常に簡単。


気に入ったら、押してね⇒FC2 Blog Ranking

ホームに戻る.ダイヤル0

関連記事

サイト内の記事へのタグリンク↓
Baidu 百度  IME 

FC2ブログ内同タグ へのリンク↓
Baidu 百度 IME

 2014.01.04 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


hao123を削除する方法

サイトの文字の大きさを変える場合はクリック⇒ 文字を大きくする 文字を小さくする

カテゴリ:パソコン・インターネットトラブル解消法インターネットトラブル 
テーマ:パソコンな日々 / ジャンル:コンピュータ

 設定した覚えもないのに、スタートページ(ブラウザのホーム)が見たことないページに設定されてしまう。

 これが、Baidu(百度)の悪名高いhao123。

 管理人ははじめ、てっきり、ウィルスにやられたのかと思った。

 でも、別に、ウィルス被害ではなくて、うっかり、hao123プログラムをインストールしてしまっただけのことだったんだけど。

 

hao123がインストールされるとどうなる?

・すべてのブラウザでスタートページ(ホームページ)がhao123サイトになってしまう。

・新規ウインドウを開くとすべてhao123サイトとなる。

・「アドレスバー」もhao123のものに置き換えられる。

 

hao123はどうしてインストールされる?

 フリーソフトなどに付属してインストールされる。

 でも、勝手にインストールされるわけでもなく、ちゃんとインストール画面に『hao123をインストールします』という断りがある。

 ちゃんとインストールするかどうかを選択できるようにチェック欄が設けられているのだが、たいていの場合、初期状態でこのチェックが入っているため、うっかりとそのままインストール作業を進めてしまい、hao123も一緒にインストールする羽目になる。

 hao123をインストールしなくても目的のソフトそのものは使えるので、チェックはちゃんとはずしておこう。

 

hao123を削除する方法

1、ブラウザを閉じる。

2、[ スタートメニュー ] → [ コントロールパネル ] → [ プログラム ] → [ プログラムと機能 ] → [ プログラムのアンインストールまたは変更 ]を開く。

3、「Hao123.com」をダブルクリックする。

4、ブラウザを開いて、ブラウザのスタートページのアドレスを変更する。

5、検索窓の設定を変更する。

6、ホームボタンからhao123を削除。

7、拡張機能アドオンからhao123を削除。

8、ブラウザのショートカットアイコンを右クリックしプロパティの「リンク先」欄に入っている「http://jp.hao123.com~」削除(またはブラウザのショートカットアイコンを削除し、再度作り直す)。

 

 ブラウザによって、操作方法が違うので、ちょっと面倒かも。

 


気に入ったら、押してね⇒FC2 Blog Ranking

ホームに戻る.ダイヤル0

関連記事

サイト内の記事へのタグリンク↓
フリーソフト hao123 Baidu 百度 

FC2ブログ内同タグ へのリンク↓
フリーソフト hao123 Baidu 百度

 2014.01.10 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


Baidu(百度)のAndroidOS用日本語入力アプリ『Shimeji』を削除する方法

サイトの文字の大きさを変える場合はクリック⇒ 文字を大きくする 文字を小さくする

カテゴリ:無料で使えるソフトいろいろ携帯電話とPCのデーターを共有する 
テーマ:スマートフォン / ジャンル:携帯電話・PHS

 百度のスマートフォン用IMEShimeji。

 クラウド変換をOFFに設定した場合でもクラウドサービスにアクセスしてしまう不具合があり、アップデートで修正済み。

 という百度の説明だが・・・。

 

 ここであえて、AndroidOS用の日本語入力アプリ『Shimeji』を削除する方法をば。

 

Shimejiとは?

 Shimejiは、Baidu(百度)の提供するAndroidOS用の日本語入力アプリ。

 無料で提供されている。

 クラウド変換をOFFに設定した場合でもクラウドサービスにアクセスしてしまう不具合があり、修正済みと、Baidu(百度)側は説明している。

 もともとは、日本人の作ったアプリ。

 国産のアプリだと思っている人もたくさんいるようだ。

 現在は、Baidu(百度)が提供している。

 

  人気のあるアプリらしい。

 でもhao123を作っていたBaidu(百度)のアプリというだけでも、利用する気にならない。

 Baidu IMEも利用する気にならない。

 

AndroidOS用の日本語入力アプリ『Shimeji』を削除する方法。

1、[設定]→[アプリケーション管理]をタップ。

2、アプリケーション一覧からSimejiを探し、詳細を開く。

3、詳細画面内の「削除」をタップすると「アンインストールしますか?」と表示されますので「OK」をタップ。

 

Google PlayストアアプリからShimejiを削除する

1、Google Playストアアプリを開く。

2、Simejiを検索してSimejiの説明画面を表示する。

3、Simejiの説明画面にあるアンインストールボタンをタップ。

4、「このアプリをアンインストールしますか?」の画面で「OK」をタップ。

 


気に入ったら、押してね⇒FC2 Blog Ranking

ホームに戻る.ダイヤル0

関連記事

サイト内の記事へのタグリンク↓
Baidu 百度 Android OS 日本語入力 アプリ Shimeji 

FC2ブログ内同タグ へのリンク↓
Baidu 百度 Android OS 日本語入力 アプリ Shimeji

 2014.01.16 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


無料ウイルスソフト
管理人も使用中
キングソフトインターネットセキュリティU

最新記事
ようこそ


サイト内外の検索ができます。キーワードを入力してください。
サイト内検索↓

カスタム検索

サイト外検索↓

設置日時 2008・02・17

マカフィー・ストア

全記事表示リンク
カテゴリ
タグリスト 改

ドメイン独自ドメインブログFirefoxブラウザフリーズアドオンIEIE8PhoneスマートフォンスキャナリロードスーパーリロードGoogleSEO検索検索結果上位サイトワードパットWindowsフリーソフトWord無料ソフトワープロInternetExplorer脆弱性セキュリティパソコン携帯電話絵文字シーサーブログカスタマイズテンプレートWindows8.1Windows8メインストリームサポート延長サポートWindows7サポートAndroidOfficeQuickofficeWindowsXP起動アイコンフォルダショートカットスタートメニューCtrl+Alt+DelタスクマネージャーWindowsLiveメールデータ移行メール連絡先OutlookExpressシャットダウンテキスト比較ローマ字入力入力キーボード東日本大震災インターネット災害タッチパットポインティングデバイスノートパソコンword箇条書き電卓OS入力できない半角排紙トレーが開いています印刷プリンターエラーYahoo!ヘッドクリーニングプリンターヘッド目詰まりExifGPSクリーニングインク染料顔料パスワードOpenOffice.orgLibreOfficeApacheOpenOffice百度ShimejiアプリBaidu日本語入力hao123IMEクラウドスケジュールPCalphaEDIT32ビット64ビットアップグレード電源の管理日本ヒューレット・パッカード3万円台赤ロム白ロムUSBメモリーフォーマットtranscendUSBメモリー再生書き込み禁止になっていますリカバリーツールGooアップデート更新プログラムオリンピックコメントニュースLinuxブートパーティションInter7フリーメールメールアドレス2ちゃんねる流出個人情報ID2チャンネルインストールWubiUbuntu日本語版USBハブ転送速度セルフパワーバスパワープライバシーGmail侵害マウスホイールマウスIDManager管理作成ハードディスク買い替え文字化け改行コード文字コードサイズ起動できないブートローダーLANポートデバイスマネージャーデュアルブートメモリメニューバーSilverlightFlashPlayerAdobeOSLinuxUbunt12.04.2インターネット接続言語の設定日本語化UnetBootinメモリー光学式右クリックXPKeePassGoogle+アドセンススコアボードインポートIDmanegerトラブルMicrosoftKB2839229Linuxで更新復元セーフモードシステムvCalendarvcsスマホジョルテThunderbirdOutlookサンダーバードPIMエクスポートFC2手書き入力Yahoo!IDツール確認GooglePlay詐欺カレンダーアウトルック同期オフラインジョルデCSVガラゲーSIMカードフィーチャーフォン7スポットスポットタッチペン金属繊維ペンスタイラスデーター赤外線通信共有GoogleアカウントMoborobo2.0iOS無線LANYahoo!スマホマネージャーアンドロイドOS日時表計算ソフト自動更新関数表示アンドロイドカメラシャッター音DoNotTrackIE10デスクトップExplorerIntrenet8ウインドウズ732ビット64偽サイト偽装サイトスタイラスペンMZK-RP150NポータブルWi-Fiポケットルータ無料無線LANスポット無線LANスポットドコモルーター有線LANタブレットアダプタ有線BlueStacksパスワード管理ソフト注意点サイトショットノートヌーボードショットノートヌーボードコード閲覧SafariInternetLunascapeChromeキャッシュクッキー一時ファイル削除履歴証明書取り消し情報ルート証明インターネットオプションアップロード情報違法開示ゴミ箱設定容量ファイルクラッシャーKingsoftAntiSpywareLunascape6キャッシュバックFC2コンテンツキャンペーンマーケット反映OpenOffice.orgCalcシートExcel列幅セル表計算移動入力欄テンキー数字ツイッターTwitterYahoo!カレンダーメールソフトネクサス7無料メールgooショートカットキープリンタ詰替プルンターノズルチェックカートリッジジャンル私製はがき年賀状フォント手書き手書き風フォント素材日本郵政はがきデザインキットOpenOfficeCalcオフィスソフトOpenOfficeカテゴリNexus7iPadminiスペックHiMakeDocWeb自動巡回用ファイルコンバートソフトカテゴリーリストタイトルテーマGoogleアドセンスストレージYahoo!ファイル関連記事シーサー株式会社JavaScriptウインドウズXPサポート終了カウントダウンJavascriptゲームCalcWi-Fi接続フリースポットFC2ブログ登録Writer宛名ワープロソフト制作レンタルトラックバック迷惑URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。