最新記事更新記録はこちら↓

お名前コムで独自ドメインが安い (06/17)

Firefoxのアドオンを停止する・Firefoxフリーズ対策 (06/14)

いずれレンタルサーバーへお引越しするかも知れない (06/10)

また、IEに問題発? (05/23)

iPhoneをスキャナとして利用できるライトスタンドがあるんだって (05/21)

リロードとスーパーリロードってどう違う? (05/17)

Google検索の上位サイトが専門家が書いた難しいページだらけになる日がくるかも (05/15)

歩行中のスマートフォンの利用を法律や条令で規制すべきか? (05/11)

ワードパットはどこにある? (05/08)

会社のWordが使いにくいと感じたらワードパットを使ってみよう (05/06)

IEって何?InternetExplorer?ブラウザって何? (05/02)

IE使っては駄目!国土安全保障省のコンピュータ緊急対応チームから (04/30)

黒いパソコンは重い? (04/27)

携帯電話の絵文字が共通化されるらしい (04/26)

シーサーブログの投稿記事の下に広告を自動表示させる (04/20)

Windows7、8、8.1のサポート期限 (04/13)

GoogleのAndroidOS用オフィスアプリQuickofficeでできること (04/12)

WindowsXPのサポートが終わってしまいましたがな (04/10)

Windows7のスタートメニューによく使うソフトやフォルダのショートカットを登録してみよう (04/08)

Windows7になったらタスクマネージャーはどうやって出す? (04/02)

WindowsXPにWindows Live メールをインストールしておくとWindows7・8への移行が楽らしい (03/27)

Windows7のスタートメニューにショートカットアイコンをおいて、ソフトの起動を簡単に (03/23)

WindowsPCのシャットダウン (03/21)

複数のテキストを比較する無料ソフト (03/14)

入力しにくい文字をローマ字入力する (03/13)

災害時インターネットは強い (03/11)

ノートパソコンのタッチパットをOFFにする方法 (03/09)

wordの自動箇条書きをOFFにしよう (03/07)

Windows7以降のWindowsOSに標準で付属している電卓が便利だ (03/04)

「半角/全角」キーを押すとひらがなの「ろ」が入力される (03/01)

総記事数:
Top Page > タグ: WindowsXP

スポンサーサイト

サイトの文字の大きさを変える場合はクリック⇒ 文字を大きくする 文字を小さくする

カテゴリ:スポンサー広告 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


WindowsXPの標準のブラウザを変更する方法

サイトの文字の大きさを変える場合はクリック⇒ 文字を大きくする 文字を小さくする

カテゴリ:パソコン・インターネットトラブル解消法インターネットトラブル 
テーマ:インターネット / ジャンル:コンピュータ

 IE以外のブラウザをWindowsXPで、標準ブラウザにする方法。

 

ブラウズを新規インストールした場合に標準のブラウザにするケース

 たいていの場合、ブラウザのインストール時や起動時に『このブラウザを標準のブラウザに設定する』というウインドウが出てくる。
 このウインドウでチェックを入れれば、そのブラウザを標準のブラウザに設定することができる。

 

 ただし、『このブラウザを標準のブラウザに設定する』の下の『今後このウインドウを表示しない』にクリックするとブラウザの起動時には確認用のウインドウが出てこなくなってしまう。

 

WindowsXPの標準のブラウザを変更する方法

1、標準のブラウザに設定したいブラウザを起動させる。

2、それぞれのブラウザから標準のブラウザに設定する。
・IE8 - 「ツール」→「インターネットオプション」→「プログラム」を選択して「既定とする」をクリック。
・Firefox  - 「ツール」→「オプション」→「詳細」→「一般」から「今すぐ確認」をクリック。「既定のブラウザの設定」で「はい」をクリック。
・Google Chrome - 「Google Chromeの設定」→「オプション」→「基本設定」を選択して「Google Chromeを既定のブラウザにする」をクリック。
・Safari - 「一般設定」→「設定」を選択して「デフォルトWebブラウザ」を「Safari」に設定。
・Opera  - 「メニュー」→「設定」→「設定」→「詳細設定」→「プログラム」を選択し「詳細設定」をクリック。関連付けをOperaに設定して保存。
・Lunascape -「メニュー」→「ツール」→「Lunascapeの設定」→「既定のブラウザに設定する」のボタンをクリック→「OK」をクリック。

 

コントロールパネルからWindowsXPの標準のブラウザを変更する方法

 1度標準のブラウザに設定したことのあるブラウザの場合はコントロールパネルから変更できる。

1、「スタート」→「コントロールパネル」→「プログラムの追加と削除」を選択。
2、「プログラムのアクセスと既定の設定」を選択。
3、「カスタム」を選択して標準にしたいブラウザを選択する。
*IEに戻したい場合は「カスタム」から「Microsoft Windows」に設定を戻す。

 WindowsXPの標準ブラウザは、IE8。

 けど、IEの最新版はIE10。

 このため、利用に制限のあるサイトが出てくる。

 IE以外のブラウザを使用することで、利用できるサイトが増える可能性もある。

 


気に入ったら、押してね⇒FC2 Blog Ranking

ホームに戻る.ダイヤル0

関連記事
スポンサーサイト

サイト内の記事へのタグリンク↓
ブラウザ WindowsXP  

FC2ブログ内同タグ へのリンク↓
ブラウザ WindowsXP

 2013.04.20 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


Linux・UbuntuをWindowsパソコンにインストールする手順・概要

サイトの文字の大きさを変える場合はクリック⇒ 文字を大きくする 文字を小さくする

カテゴリ:XPサポート終了・無料OSLinuxに乗り換えようLinuxOS・UbuntuでXPサポート終了を乗り切る 
テーマ:Linux / ジャンル:コンピュータ

 WindowsXPから無料OSLinux・Ubuntuへ乗り換えよう!

 無料OSLinux・Ubuntuをインストールすれば、WindowsXPのサポートが終わったあともパソコンを変え買えずにすむよ。

 ポイントサイトや楽天・Yahooのツールバーなどのインストールをしても大丈夫。

 Windowsパソコンでできていたことは、ほとんどできる。

 ひとつのパソコンでWindowsXPとLinuxOSの同居もできる。

 さあ、WindowsXPのサポート終了前に無料OSLinux・Ubuntuを導入しよう。

 

 最新のLinux・Ubuntuは、容量が大きいため、CDからインストールできない。

 DVDかUSBメモリーを使ってインストールする。

 雑誌には、DVDが付属品としてついてくるが、手持ちのUSBメモリーやDVDを使えば、本当にただで、無料OSLinux・Ubuntuのインストールができる。

 USBメモリーを利用する場合とDVDを利用する場合は、ちょっと手順が違うので、ご注意。

 細かいことは、後日またきちんと記載するとして、大体のイメージから。

 

USBメモリーを使ってLinux・UbuntuをWindowsパソコンにインストールする手順・概要

1、Linux・Ubuntuの日本語版ダウンロードサイトにアクセス。

2、イメージファイル(iso)をダウンロードする。
Ubuntu 12.04.2日本語版の・ubuntu-ja-12.04.2-desktop-i386.iso(DVDイメージ) (md5sum: b63ea1034e489f1f24fb9509c458c286)が最新版です。

3、USBメモリーを利用する場合は、UnetBootinというサイトから、「Download(forWindows)」でUSBに、Linuxのイメージファイルをインストールするためのソフトをダウンロードし、UnetBootinでUSBメモリーにisoイメージをインストールする。

3、パソコンを再起動⇒F10押す。

6、isoイメージをインストールしたUSBメモリーを↓↑で選んで、Enterを押す。

7、Ubuntuのお試し画面が出てくるので、その画面からパソコンのハードディスクにOSをインストールする。

 

DVDをつかってLinux・UbuntuをWindowsパソコンにインストールする手順・概要

1、Linux・Ubuntuの日本語版ダウンロードサイトにアクセス。

2、イメージファイル(iso)をダウンロードする。
Ubuntu 12.04.2日本語版の・ubuntu-ja-12.04.2-desktop-i386.iso(DVDイメージ) (md5sum: b63ea1034e489f1f24fb9509c458c286)が最新版です。

3、DVDを利用する場合は、ISOイメージファイルをDVDに焼き付けるソフトを使う(インターネット上で検索するといくつかあるので、使い勝手のいいものを選んでね)。

4、DVDの焼付けが終わったら、パソコンを再起動。

5、DVDからUbuntuのお試し画面が起動するので、その画面からハードディスクにOSをインストールする。

 

 とまあ、概要としてはこんな感じだ。

 詳しくは、次回から。

 


気に入ったら、押してね⇒FC2 Blog Ranking

ホームに戻る.ダイヤル0

関連記事

サイト内の記事へのタグリンク↓
Linux Ubuntu WindowsXP パソコン インストール 

FC2ブログ内同タグ へのリンク↓
Linux Ubuntu WindowsXP パソコン インストール

 2013.07.06 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


WindowsXPサポート終了の対応策・お勧め順

サイトの文字の大きさを変える場合はクリック⇒ 文字を大きくする 文字を小さくする

カテゴリ:XPサポート終了・無料OSLinuxに乗り換えようLinuxOS・UbuntuでXPサポート終了を乗り切る 
テーマ:Windows / ジャンル:コンピュータ

 WindowsXPのサポート終了まであと少し。

 さてどうする?

 パターンによってWindowsXP終了に対する対応の仕方はいくつかあると思う。

 新しいパソコンを買う・WindowsOSを導入する・LinuxOSを導入する。

 

 では、それぞれメリット・デメリットは?

 

WindowsXPサポート終了の対応策

1、新しいパソコンを買う

難易度★・お勧め度★★★★★

新しいパソコンを購入するメリット

・一番簡単。

新しいパソコンを買うデメリット

・お金がかかる。

 Windows7パソコンで4万円弱から。


ノートパソコン Windows7/Windows8選択可能 公式レノボ直販【Windows8/Windows7ご購入時選択可...
37,840 円
 メモリ 2GB PC3-12800 DDR3 (1スロット使用)・ハードディスク 320GB・光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ・インターフェース 4in1メディアカード・リーダー、モニター(VGA)、HDMI、RJ-45(LAN)、USB3.0x3 USB2.0x1(電源供給機能付きPowered USB)・本体寸法 (幅×奥行き×高さ) 339x 234 x 28.53 - 31.5 mm・ディスプレイ 14.0型HD液晶・オフィスソフトなし

 15.6インチモデルで39,800 円

 

2、今使っているパソコンにWindows7OSをインストールする

難易度 製品版★★・ダウンロード版★★★・お勧め度★★★★★

Windows7インストールのメリット

・今あるパソコンを利用できる。

・コストがかからない。

 ダウンロード版で2900円から 


【ポイント20倍】★Microsoft Windows 7 Home PremiumUPG SP1 日本語版 【WINDOWS7SP1】 Win ...

デメリット

・ダウンロード版のインストールはちょっと知識が要る。

 が、インストールの手順さえきちんとすれば大丈夫。

 結構古いパソコンでも動くらしい。

 製品版のインストールは簡単だが、値段がそれなり高い。

 

3、無料OS(Linux)などをウェブサイトからダウンロードし、今あるパソコンにインストールする

難易度★★★★★・お勧め度★★★

メリット

・今あるパソコンを利用できる。

・とにかく無料で利用できるため、コストがかからない。

デメリット

・知識と根気が要る。

・WindowsやMacOSしか受け付けないwebコンテンツがある。

 

4、LinuxOSをインストールしたパソコンを買う

難易度★★★★・お勧め度★

メリット

・Windowsパソコンより安い。

デメリット

・知識と根気が要る。

・WindowsやMacOSしか受け付けないwebコンテンツがある。

 

5、Windows7をインストールした中古パソコンを購入する

難易度★★★★・お勧め度★

メリット

・値段が安い

・簡単に導入できる。

デメリット

・中古パソコンの場合、もともとのパソコンのハードディスクなどが消耗している場合がある。

・スペックが低いものもあるので要注意。

 

 LinuxOSの入ったパソコンを買うのなら、新品のWindows7か8の入ったパソコンを買ったほうが良いと思う。

 


気に入ったら、押してね⇒FC2 Blog Ranking

ホームに戻る.ダイヤル0

関連記事

サイト内の記事へのタグリンク↓
WindowsXP サポート  

FC2ブログ内同タグ へのリンク↓
WindowsXP サポート

 2013.08.07 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


パソコン買い替え・ハードディスクの処理にご注意

サイトの文字の大きさを変える場合はクリック⇒ 文字を大きくする 文字を小さくする

カテゴリ:パソコン・インターネットトラブル解消法プライバシー保護・機密保持 
テーマ:パソコンな日々 / ジャンル:コンピュータ

 WindowsXPのサポート終了に伴って、パソコンを買い換えたって人多いんだ折ろうと思う。

 パソコンを買い換えるのは良いが、問題は、ハードディスクに残されたデーター。

 ハードディスクのデーターを残したまま、廃棄処分にするのはとても危険だ。

 ハードディスクを初期化しても専門家にかかれば復旧できてしまうというから厄介。

 

 そんなことでパソコン処理に困っている人多いんじゃないだろうか?

 というわけで、古いパソコンのハードディスクの処分の仕方を。

 

ハードディスクの処分の仕方

1、ハードディスクを物理的に破壊する。

 パソコンから取り出したハードディスクの円盤部分をドリルなどで穴を開けて破壊する。

 3,4箇所穴を開ければ、データーの復元はできなくなる。

 

 業者の有料サービスなどもある。

 ソフマップなどでは、980円くらいから、壊したハードディスクも引き取ってくれる。

 

2、ソフトを使ってデーターを完全削除する。

 専門のソフトで、ハードディスクのデーターを上書きする。

 時間はかかる。

 有料のものも無料で使えるものもある。

 LinuxUbuntuの機能を使って、Windowsのハードディスクのデーターを完全破壊することもできる。

 ちなみにMacOSでは、このハードディスクのデーター削除機能、標準でついているのだとか。

 

3、外付けハードディスクとして再利用する。

 パソコンから取り出して、外付けハードディスクとして再利用する。

 取り出したハードディスクを取り付けて、外付けハードディスクとして利用するためのケースが市販されている。

 

 まず、外付けハードディスクとして利用した後、物理的に壊してしまうってのが一番確実みたい。

 


気に入ったら、押してね⇒FC2 Blog Ranking

ホームに戻る.ダイヤル0

関連記事

サイト内の記事へのタグリンク↓
パソコン 買い替え WindowsXP ハードディスク 

FC2ブログ内同タグ へのリンク↓
パソコン 買い替え WindowsXP ハードディスク

 2013.08.14 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


3万円台のノートパソコン・日本ヒューレット・パッカード

サイトの文字の大きさを変える場合はクリック⇒ 文字を大きくする 文字を小さくする

カテゴリ:Windows7とWindows8 
テーマ:パソコンな日々 / ジャンル:コンピュータ

 WindowsXPサポート終了まで後半年位。

 パソコンを買い換えるなら、そろそろ購入準備をしないといけない。

 おいらは、今もっているパソコンにWindows7をインストールして使うことにしたのだが、新しいWindowsパソコンを買いたいって人もいるんだろうな・・・。

 おいらが新しいパソコンを買うとしたら、どんなの買うかなあ。

 高いパソコンは要らないし、やっぱりノートパソコンを選ぶかなあ。

 

 なんて思いながら、ネットを見ていた。

 で、日本ヒューレット・パッカードのパソコンがちょっと目に入った。

 

日本ヒューレット・パッカードってどんな会社?

 日本のコンピュータ関連企業。

 1963年に、日本の横河電機とアメリカ合衆国のヒューレット・パッカード(Hewlett-Packard Company:HP)との合弁企業、横河ヒューレット・パッカード (YHP) として設立された。

 横河電機との合弁は1999年に解消となり、以降アメリカのヒューレット・パッカードの100%子会社の日本法人である。

 アメリカのヒューレット・パッカードは、日本を含む連結決算による総売上高で2007年に1,000億ドルを超え、世界第1位のIT企業となった。

 

3万円台で購入可能な日本ヒューレット・パッカードのノートパソコン

 HP Pavilion Sleekbook 14-b002AU ホームモバイルモデル

<スリーブケースブラック付き/薄型/約1.9kgの軽量ボディ><14.0インチノートPC> HP Pavili...

オペレーティングシステム Windows 8 (64bit)
プロセッサー AMD E1-1200 APU (1.40GHz, 1MB L2キャッシュ) 
スパークリングブラックチップセット AMD A68M FCH
メモリ4GB (4GB×1) PC3-12800 (1066MHz) (最大4GB) 
ストレージ500GB ハードドライブ (SATA, 5400rpm) オプティカルドライブ 
Webカメラ HP TrueVision HD Webcam (約92万画素)
ネットワークコントローラー 内蔵LAN(10/100)
自動認識内蔵無線LAN IEEE802.11b/g/n、
オン/オフボタン付き Bluetooth
USB3.0×2、USB2.0×1、ネットワークポート(RJ45)×1、ヘッドフォン出力/マイク入力コンボポート×1 オーディオ機能 Dolby? Advanced Audio^(TM) v2、IDT High Definition Audio 準拠、ALTEC LANSINGブランドステレオスピーカー、内蔵マイクセキュリティ機能 パワーオンパスワード、アドミニストレーターパスワード、セキュリティロックケーブル用スロット
サイズ(幅×奥行き×高さ)11 347×238×20.7mm (23mm ゴム足部を含む)
質量  約1.9kg (標準バッテリパック装着時)

 

 ハードデスクの容量が500GB。

 USBポートが3つあるのが便利。

 ついでに、メインメモリ4GBも魅力。

 今のメモリは1GBしかないから。

 メインメモリ2GB以上じゃないとうまく動かないソフトもあったりするからなあ。

 これだけあれば余裕・・・。

 11インチの商品もある。

<リチウムイオンバッテリ2本付/旧商品/限定><11.6インチノートPC> HP Pavilion dm1-4303A...

 


気に入ったら、押してね⇒FC2 Blog Ranking

ホームに戻る.ダイヤル0

関連記事

サイト内の記事へのタグリンク↓
WindowsXP Windows8 日本ヒューレット・パッカード ノートパソコン 3万円台 

FC2ブログ内同タグ へのリンク↓
WindowsXP Windows8 日本ヒューレット・パッカード ノートパソコン 3万円台

 2013.10.17 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


WindowsXPパソコンをOSだけWindows7、8へアップグレードする場合の注意点

サイトの文字の大きさを変える場合はクリック⇒ 文字を大きくする 文字を小さくする

カテゴリ:Windows7とWindows8 
テーマ:パソコンな日々 / ジャンル:コンピュータ

 WindowsXPで使っていたパソコンをOSだけWindows7とかWindows8へアップグレードして使おうか。

 という人、その前にWindowsXPからWindows7とか8へアップグレードする場合に注意したほうがいい点をご説明する。

 いや、一応、おいら、アップグレードした口だからさ。

 

WindowsXPからWindows 7又は8 へのアップグレードの注意

1、WindowsXPからWindows7又は8へのアップグレードは「新規インストール (カスタム) 」。

 XP環境で作成したファイルや個人設定、アプリケーションなどを、そのまま引き継ぐことができない「新規インストール (カスタム) 」しかできない。

 ただし、XPのファイルデーターはWindowsoldというファイルの中に残る。

 

 2、 32 ビット版と 64 ビット版の違いに注意

  Windows 7 又は8のアップグレード パッケージには 32 ビット版と 64 ビット版の2種類がある。

 Windows が 32 ビット版の場合は 32 ビット版の Windows 7 又は8をインストールする。

 WindowsXPが64 ビット版の場合は 64 ビット版の Windows 7 又は8をインストールする。

 

<XPのビットを確認する方法>

 1. XPのフォルダ(どれでもいい)を開く。

 2. 『ヘルプ』→『バージョンの情報』をクリック。

3.  32ビット版の場合は、Microsoft Windows XP [Version 5.1] と表示される。
 64 ビット版は Microsoft Windows XP [Version 5.2.] と表示される。

 

3、Windows XP Professional のユーザーはWindows 7(又は8) Professional または Windows 7 (又は8)Ultimate をインストール。 

 Windows XP Professional にWindows 7(又は8) Home Premium をインストールすると、ドメイン参加など、現在利用している一部の機能が利用できなくなる。

 WindowsXPHome Premium の場合は⇒ Microsoft Windows 7 Home Premium

 Windows XP Professionalの場合は⇒Microsoft Windows 7 Professionalマイクロソフト ウインドウズ 7 Ultimate

 32ビット、64ビットは購入時に選択できる。

 

4、Windows8へのアップグレードに必要なシステム要件

・PAE、NX、および SSE2 をサポートする、1 GHz 以上のプロセッサ
・2 GB RAM / 20 GB の空きハード ディスク領域
・1,366 × 768 の画面解像度
・DirectX 9 グラフィックス プロセッサおよび WDDM ドライバー タッチ機能を使用するには、マルチタッチ をサポートする PC が必要。

 現在のパソコンがWindows8にアップグレードするために必要なシステム要件の診断ソフトがMicrosoftからでているので、まず、そちらで確認してからのほうが無難。

 XPの入っていたパソコンはスペック的にもWindows8を直接インストールするのは難しいかも(できてもあまり性能が発揮できないかも)。

 Windows7のサポート期間は、2020 年 1 月 14 日まであるのでとりあえずWindows7をインストールするのが良いかも。

 


気に入ったら、押してね⇒FC2 Blog Ranking

ホームに戻る.ダイヤル0

関連記事

サイト内の記事へのタグリンク↓
WindowsXP OS Windows7 Windows8 アップグレード サポート 

FC2ブログ内同タグ へのリンク↓
WindowsXP OS Windows7 Windows8 アップグレード サポート

 2013.10.31 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


Windows.oldフォルダの開き方

サイトの文字の大きさを変える場合はクリック⇒ 文字を大きくする 文字を小さくする

カテゴリ:Windows7とWindows8 
テーマ:パソコン関連お役立ち情報 / ジャンル:コンピュータ

 WindowsXPが入っていたPCにWindows7やWindows8をインストールしたら、パソコンのスタートボタンを押して、『コンピューター』のボタンをクリックして、ハードディスクドライブの容量を見てみよう。

 ハードディスクの空き容量を見ると、空きが少ないのにびっくりするかもしれない。

 原因は、ハードディスクの中にWindows.oldというフォルダがあるせい。

 この、Windows.oldというフォルダ、WindowsXP時代のファイルがプログラムファイルを含めて全部入っている。

 Windows.oldを削除すると、ハードディスクの容量が劇的に増える。

 

Windows.oldの意味

 Windows.oldは前のOSのバックアップだ。

 Windows7インストールの後に『しまった!あのファイルをバックアップし損ねた!』なんてときに役に立つ。

 複数回WindowsOSをインストールすると、Windows.old、Windows.old.000、Windows.old001といった具合にWindows.oldのフォルダもだんだん増えていく。

 というわけで、必要のないWindows.oldフォルダを削除して、ハードディスクの容量を増やしたい。

 その前に、Windows.oldの中身を確認しよう。

 必要なファイルが含まれているかもしれない。

 

 

 

管理者権限がないフォルダの開き方1

1、管理者権限を持つアカウントでログイン。

2、フォルダを右クリック。

3、セキュリティタブ⇒詳細設定ボタン⇒所有者タブ⇒編集ボタンをクリック。

4、自分のユーザ名を選択。

5、「サブコンテナーとオブジェクトの所有者を置き換える」を選択。

6、「OK」ボタンをクリック。

 

管理者権限がないフォルダの開き方2

1、管理者権限を持つアカウントでログイン。

2、フォルダを右クリック。

3、セキュリティタブ⇒詳細設定ボタン⇒アクセス許可タブ⇒アクセス許可の変更ボタンをクリック。

4、アクセス許可エントリに項目が複数並んでいると思われるので、それを一つづつ選択して「削除」をクリック。

5、すべてのエントリを削除。

6、『どのグループやユーザーもこのオブジェクトにアクセスするアクセス許可を持っていません。ただし、このオブジェクトの所有者はアクセス許可を割り当てることができます。』の表示が出るので、 『このオブジェクトの親からの継承可能なアクセス許可を含める 』『子オブジェクトのアクセス許可すべてを、このオブジェクトからの継承可能なアクセス許可で置き換える』にチェックを入れる。

7、『適応』をクリック。

8、『このオブジェクトの子孫すべてに対して明示的に定義されたアクセス許可を、○○から継承可能なアクセス許可に置き換えます。続行しますか? 』の表示がでたら、『はい』をクリック。

9.『OK』をクリック。

 

 1、2のいずれの場合も、フォルダの中身によっては、非常に時間がかかる。

 気長に待つのがポイント。

 この処理の後、フォルダを開くとまた『許可云々』の表示が出てくるが『続行』をクリックすればちゃんとフォルダを開くことができるようになる。

 

Windows.oldフォルダの中身を確認しよう

1、フォルダをダブルクリックで開く。

2、ひとつずつフォルダの中身を確認する。

 

 必要のないファイルは、右クリック⇒削除で削除してしまおう。

 ちなみに複数のファイルを削除したい場合にはCtrl+ファイルをクリックで複数ファイルを選択し、右クリック⇒削除で削除する。

 


気に入ったら、押してね⇒FC2 Blog Ranking

ホームに戻る.ダイヤル0

関連記事

サイト内の記事へのタグリンク↓
WindowsXP Windows7 Windows8 OS PC 

FC2ブログ内同タグ へのリンク↓
WindowsXP Windows7 Windows8 OS PC

 2013.11.29 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


Windows7以降のWindowsOSに標準で付属している電卓が便利だ

サイトの文字の大きさを変える場合はクリック⇒ 文字を大きくする 文字を小さくする

カテゴリ:Windows7とWindows8 
テーマ:パソコンな日々 / ジャンル:コンピュータ

 Windows7・8で便利になった機能といえば電卓機能。

 WindowsXPでも電卓機能はあったのだが、あまり実用的とは思えないような機能だった。

 でも、Windows7移行のWindowsOSについている電卓機能はXPの電卓機能とは相当違う。

 

 Windows7移行の電卓は単純な計算だけでなく、計算結果のコピーや貼り付けなどもできる。

 表示の切り替えで、関数電卓として使ったり単位を加えたりもできる。

 計算途中の式も「履歴」として残せる。

 

Windowsの電卓・計算結果のコピーの仕方

1、電卓で計算する。

2、編集⇒コピー

 

Windowsの電卓を関数電卓として使う

1、表示⇒関数電卓とクリック。

 関数電卓のほかプログラマ・統計・住宅ローンの計算などの機能もある。

 

単位の変換設定

1、表示⇒単位の変換。

2、電卓の横に変換する単位の種類が表示される。

3、変換もとの単位と変換先の単位を選択。

 ただし、重量の単位では、日本の俵などの単位は変換出来ない。

 長さも、日本の里とかは変換出来ない。

 

計算履歴を残す

1、「表示」-「履歴」と選択。

2、表示部分が上下に拡がり、その状態で計算していくと、計算式が履歴として残すことができる(ショートカットキーは [ctrl]+「H」)。

 「編集」-「履歴」-「履歴のコピー」を選択。  これで複数行の計算式も丸ごとコピーして記録できます。

 ただし、いったん「電卓」を終了させてしまうと、前回の結果は消えてしまう。

 

 日本の単位に換算できる機能がつくともっといい。



ホームに戻る.ダイヤル0

関連記事

サイト内の記事へのタグリンク↓
Windows WindowsXP OS 電卓 

FC2ブログ内同タグ へのリンク↓
Windows WindowsXP OS 電卓

 2014.03.04 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


WindowsXPにWindows Live メールをインストールしておくとWindows7・8への移行が楽らしい

サイトの文字の大きさを変える場合はクリック⇒ 文字を大きくする 文字を小さくする

カテゴリ:Windows7とWindows8 
テーマ:パソコンな日々 / ジャンル:コンピュータ

 WindowsXPのサポート終了に伴って、パソコンを買い換える人も多いと思う。

 新しいパソコンに、今まで使っていたWindowsXPのデータを新しいパソコンに移行するにはどうしたらいいか悩んでいる人も多いのでは?

 「Windows 転送ツール」でデータ移行を行えば、 ユーザー アカウント ・ドキュメント ・音楽 ・画像・ 電子メール・ インターネットのお気に入り・ プログラム設定などが一気に移行できる。

 「Windows 転送ツール」を利用するためには、OutlookExpressのデータをWindows Live メールにあらかじめ移行しておく必要があるそうだ。

 Windows7以降のWindowsパソコンでは、OutlookExpressが搭載されていない。

 OutlookExpressの代わりにMicrosoftが薦めているのがWindows Live メール。

 新しく買うパソコンにはWindows Live メールがインストールされているケースもある。

 というわけで、WindowsXPにWindows Live メールをインストールして、OutlookExpressのデータを移行しよう。

 

WindowsXPにWindows Live メールをインストールする

1. Windows Live メールをダウンロード サイト(http://www.microsoft.com/ja-JP/download/details.aspx?id=3945)から入手。
 画面右側にある[今すぐダウンロード] をクリック。

2. メッセージが表示されたら、[実行] をクリック。

3. メッセージが表示されたら、[実行する] をクリック。
 サービス利用規約の画面が表示されたら、利用規約を確認のうえ、問題がなければ[同意する] をクリックして次へ進む。

4.[メール] にチェックを入れて、[インストール] をクリック。

5. インストールの途中で設定を変更するかどうか聞かれます。
 必要に応じてチェック ボックスをオンにして、[続行] をクリック。

6. インストールが完了[閉じる] をクリック

 

OutlookExpressからWindows Live メールへデータを移動する

1、事前にメールアカウントの情報を保存するフォルダを作成しておく。

2、Outlook Express を起動させ、メニューの[ツール]から[アカウント]をクリック。

3、タブの[メール]をクリックして、表示されたアカウントを選択。

4、[エクスポート]ボタンをクリック。

5、保存先を事前に用意したフォルダーに設定し、ファイル名はそのままで[保存]ボタンをクリック。

6、Windows Live メールを起動する。 
*「電子メールアカウント情報を以下に入力してください。」と表示された場合は[×]ボタンで閉じる。

7、[ファイル]をクリックし、メニューの[オプション]から[電子メールアカウント]をクリック。

8、[インポート]ボタンをクリック。

9、アカウントの保存先のファイル名を指定して[開く]をクリック。

10、「アカウント」のウインドウに戻るので、アカウントが追加されたことを確認して、[閉じる]をクリック。

12、Windows Live メールの左側に移行したアカウントが表示されていることを確認。

 

 まあ、メールデータと連絡先だけなら、アカウントを保存したフォルダをUSBなどの外部記憶装置にコピーして、それを新しいWindowsパソコンのWindows Live メールでデータをインポートするという手もある。



ホームに戻る.ダイヤル0

関連記事

サイト内の記事へのタグリンク↓
データ移行 WindowsXP Windows7 メール 連絡先 OutlookExpress WindowsLiveメール 

FC2ブログ内同タグ へのリンク↓
データ移行 WindowsXP Windows7 メール 連絡先 OutlookExpress WindowsLiveメール

 2014.03.27 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


WindowsXPのサポートが終わってしまいましたがな

サイトの文字の大きさを変える場合はクリック⇒ 文字を大きくする 文字を小さくする

カテゴリ:Windows7とWindows8 
テーマ:パソコンな日々 / ジャンル:コンピュータ

 とうとうWindowsXPのサポートが終了した。

 皆さんちゃんと対策はすんでますか?

 管理人は去年の内にWindows7へ切り替えた。

 でも、まだ、会社などでもWindowsXPを使い続けてるところがあるらしい。

 実はうちの会社もそのひとつだったりする。

 その手の情報管理室があるのだが・・・。

 

 インターネットにつないでいなければWindowsXPでも大丈夫!

 っていう意識らしい。

 あるいは、企業向けの有償カスタムサポートは、2014年4月9日以降も提供されるというから、有償サポートを受けてるのかもしれないけど。

 でも、ネットにつないでなくても、USBメモリーとかからウィルス感染することもあるしなあ。

 絶対会社のパソコンには、じぶんのUSBメモリーなどはつなぐまいと思っている管理人なのであった。

 まあ、会社のパソコンには関与してないし。

 顧客情報が漏れたところで、おいらに責任は皆無だ。

 まあ、いいか。



ホームに戻る.ダイヤル0

関連記事

サイト内の記事へのタグリンク↓
WindowsXP 

FC2ブログ内同タグ へのリンク↓
WindowsXP

 2014.04.10 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


無料ウイルスソフト
管理人も使用中
キングソフトインターネットセキュリティU

最新記事
ようこそ


サイト内外の検索ができます。キーワードを入力してください。
サイト内検索↓

カスタム検索

サイト外検索↓

設置日時 2008・02・17

マカフィー・ストア

全記事表示リンク
カテゴリ
タグリスト 改

ドメイン独自ドメインブログFirefoxブラウザフリーズアドオンIEIE8PhoneスマートフォンスキャナリロードスーパーリロードGoogleSEO検索検索結果上位サイトワードパットWindowsフリーソフトWord無料ソフトワープロInternetExplorer脆弱性セキュリティパソコン携帯電話絵文字シーサーブログカスタマイズテンプレートWindows8.1Windows8メインストリームサポート延長サポートWindows7サポートAndroidOfficeQuickofficeWindowsXP起動アイコンフォルダショートカットスタートメニューCtrl+Alt+DelタスクマネージャーWindowsLiveメールデータ移行メール連絡先OutlookExpressシャットダウンテキスト比較ローマ字入力入力キーボード東日本大震災インターネット災害タッチパットポインティングデバイスノートパソコンword箇条書き電卓OS入力できない半角排紙トレーが開いています印刷プリンターエラーYahoo!ヘッドクリーニングプリンターヘッド目詰まりExifGPSクリーニングインク染料顔料パスワードOpenOffice.orgLibreOfficeApacheOpenOffice百度ShimejiアプリBaidu日本語入力hao123IMEクラウドスケジュールPCalphaEDIT32ビット64ビットアップグレード電源の管理日本ヒューレット・パッカード3万円台赤ロム白ロムUSBメモリーフォーマットtranscendUSBメモリー再生書き込み禁止になっていますリカバリーツールGooアップデート更新プログラムオリンピックコメントニュースLinuxブートパーティションInter7フリーメールメールアドレス2ちゃんねる流出個人情報ID2チャンネルインストールWubiUbuntu日本語版USBハブ転送速度セルフパワーバスパワープライバシーGmail侵害マウスホイールマウスIDManager管理作成ハードディスク買い替え文字化け改行コード文字コードサイズ起動できないブートローダーLANポートデバイスマネージャーデュアルブートメモリメニューバーSilverlightFlashPlayerAdobeOSLinuxUbunt12.04.2インターネット接続言語の設定日本語化UnetBootinメモリー光学式右クリックXPKeePassGoogle+アドセンススコアボードインポートIDmanegerトラブルMicrosoftKB2839229Linuxで更新復元セーフモードシステムvCalendarvcsスマホジョルテThunderbirdOutlookサンダーバードPIMエクスポートFC2手書き入力Yahoo!IDツール確認GooglePlay詐欺カレンダーアウトルック同期オフラインジョルデCSVガラゲーSIMカードフィーチャーフォン7スポットスポットタッチペン金属繊維ペンスタイラスデーター赤外線通信共有GoogleアカウントMoborobo2.0iOS無線LANYahoo!スマホマネージャーアンドロイドOS日時表計算ソフト自動更新関数表示アンドロイドカメラシャッター音DoNotTrackIE10デスクトップExplorerIntrenet8ウインドウズ732ビット64偽サイト偽装サイトスタイラスペンMZK-RP150NポータブルWi-Fiポケットルータ無料無線LANスポット無線LANスポットドコモルーター有線LANタブレットアダプタ有線BlueStacksパスワード管理ソフト注意点サイトショットノートヌーボードショットノートヌーボードコード閲覧SafariInternetLunascapeChromeキャッシュクッキー一時ファイル削除履歴証明書取り消し情報ルート証明インターネットオプションアップロード情報違法開示ゴミ箱設定容量ファイルクラッシャーKingsoftAntiSpywareLunascape6キャッシュバックFC2コンテンツキャンペーンマーケット反映OpenOffice.orgCalcシートExcel列幅セル表計算移動入力欄テンキー数字ツイッターTwitterYahoo!カレンダーメールソフトネクサス7無料メールgooショートカットキープリンタ詰替プルンターノズルチェックカートリッジジャンル私製はがき年賀状フォント手書き手書き風フォント素材日本郵政はがきデザインキットOpenOfficeCalcオフィスソフトOpenOfficeカテゴリNexus7iPadminiスペックHiMakeDocWeb自動巡回用ファイルコンバートソフトカテゴリーリストタイトルテーマGoogleアドセンスストレージYahoo!ファイル関連記事シーサー株式会社JavaScriptウインドウズXPサポート終了カウントダウンJavascriptゲームCalcWi-Fi接続フリースポットFC2ブログ登録Writer宛名ワープロソフト制作レンタルトラックバック迷惑URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。