最新記事更新記録はこちら↓

お名前コムで独自ドメインが安い (06/17)

Firefoxのアドオンを停止する・Firefoxフリーズ対策 (06/14)

いずれレンタルサーバーへお引越しするかも知れない (06/10)

また、IEに問題発? (05/23)

iPhoneをスキャナとして利用できるライトスタンドがあるんだって (05/21)

リロードとスーパーリロードってどう違う? (05/17)

Google検索の上位サイトが専門家が書いた難しいページだらけになる日がくるかも (05/15)

歩行中のスマートフォンの利用を法律や条令で規制すべきか? (05/11)

ワードパットはどこにある? (05/08)

会社のWordが使いにくいと感じたらワードパットを使ってみよう (05/06)

IEって何?InternetExplorer?ブラウザって何? (05/02)

IE使っては駄目!国土安全保障省のコンピュータ緊急対応チームから (04/30)

黒いパソコンは重い? (04/27)

携帯電話の絵文字が共通化されるらしい (04/26)

シーサーブログの投稿記事の下に広告を自動表示させる (04/20)

Windows7、8、8.1のサポート期限 (04/13)

GoogleのAndroidOS用オフィスアプリQuickofficeでできること (04/12)

WindowsXPのサポートが終わってしまいましたがな (04/10)

Windows7のスタートメニューによく使うソフトやフォルダのショートカットを登録してみよう (04/08)

Windows7になったらタスクマネージャーはどうやって出す? (04/02)

WindowsXPにWindows Live メールをインストールしておくとWindows7・8への移行が楽らしい (03/27)

Windows7のスタートメニューにショートカットアイコンをおいて、ソフトの起動を簡単に (03/23)

WindowsPCのシャットダウン (03/21)

複数のテキストを比較する無料ソフト (03/14)

入力しにくい文字をローマ字入力する (03/13)

災害時インターネットは強い (03/11)

ノートパソコンのタッチパットをOFFにする方法 (03/09)

wordの自動箇条書きをOFFにしよう (03/07)

Windows7以降のWindowsOSに標準で付属している電卓が便利だ (03/04)

「半角/全角」キーを押すとひらがなの「ろ」が入力される (03/01)

総記事数:
Top Page > Windows7とWindows8

スポンサーサイト

サイトの文字の大きさを変える場合はクリック⇒ 文字を大きくする 文字を小さくする

カテゴリ:スポンサー広告 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


Windows7、8、8.1のサポート期限

サイトの文字の大きさを変える場合はクリック⇒ 文字を大きくする 文字を小さくする

カテゴリ:Windows7とWindows8 
テーマ:パソコンな日々 / ジャンル:コンピュータ

 Windows7・8・8.1の各サポート期間についてちょっと調べてみよう。

 Microsoftのサポート期間には、メインストリームサポートと延長サポートの2種類があるということなので、、まずはその違いから。

 

WindowsOSのメインストリームサポートと延長サポート

WindowsOSのメインストリームサポート

OSの不具合などに関する更新プログラムの配布などを行う。

 

WindowsOSの延長サポート

セキュリティ更新プログラムの配布のみ。

 

Windows 7のサポート期間

Windows 7のメインストリームサポート⇒2015年1月13日

Windows7の延長サポート⇒2020年1月14日

 

Windows8、8.1のサポート期間

Windows 8、8.1のメインストリームサポート⇒2018年1月9日

Windows8、8.1の延長サポート⇒2023年1月10日

 

 WindowsXPの次のWindowsパソコンを探しているという人にとって、Windows7・8・8.1のどれをとってもそんなに問題にならないと思う。

 どうせ、Windows7の延長サポート終了までには、さらに新しいWindowsOSが現れるに違いないから。

 ちなみに楽天市場などを見ると、Windows7のノートパソコンよりWindows8のノートパソコンのほうが値段が安い。

 WindowsXPパソコンにOSだけ移植する場合でも12000円以上はするので、どうせならWindows8か8.1のパソコンを新調したほうが経済的かもしれない。

 使い勝手で言えば、Windows8.1のほうがXPに近い感覚で利用できる。

 

 価格comの満足度ランキング1位のパソコンは【smtb-u】Lenovo/レノボ Lenovo B590 59396367 (OSWindows 7 Home Premium 64bit)。

 液晶サイズ 15.6 インチ、HDD容量 500 GB、メモリ容量 4GB、DVDスーパーマルチ・ドライブ

 楽天市場で46,224 円(送料込み)から。

 一方、Windows8.1OSの日本 HP Pavilion TouchSmart 10-e0003AUは、ディスプレイ 10.1インチ、光学ドライブ 無し、320GB ハードドライブ、メモリ 2GBで34,990 円から。

 もちろん、スペックに差があるので、一概には言えないけど。

 おいらが新しくパソコンを買うとしたら、日本 HP Pavilion TouchSmart 10-e0003AUを選ぶと思う。

 ま、今のところゲートウェイのWindowsXPマシンに入れたWindows7で十分なんだけどさ。

 次に、パソコンを買い換えるときには、また、新しいOSが出ているに違いない。

 しかし、このパソコン2020年1月14日まで故障しないで持つかな?

 ちょっと、楽しみだったりして。



ホームに戻る.ダイヤル0

スポンサーサイト

サイト内の記事へのタグリンク↓
Windows7 Windows8 Windows8.1 サポート メインストリームサポート 延長サポート  

FC2ブログ内同タグ へのリンク↓
Windows7 Windows8 Windows8.1 サポート メインストリームサポート 延長サポート

 2014.04.13 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


WindowsXPのサポートが終わってしまいましたがな

サイトの文字の大きさを変える場合はクリック⇒ 文字を大きくする 文字を小さくする

カテゴリ:Windows7とWindows8 
テーマ:パソコンな日々 / ジャンル:コンピュータ

 とうとうWindowsXPのサポートが終了した。

 皆さんちゃんと対策はすんでますか?

 管理人は去年の内にWindows7へ切り替えた。

 でも、まだ、会社などでもWindowsXPを使い続けてるところがあるらしい。

 実はうちの会社もそのひとつだったりする。

 その手の情報管理室があるのだが・・・。

 

 インターネットにつないでいなければWindowsXPでも大丈夫!

 っていう意識らしい。

 あるいは、企業向けの有償カスタムサポートは、2014年4月9日以降も提供されるというから、有償サポートを受けてるのかもしれないけど。

 でも、ネットにつないでなくても、USBメモリーとかからウィルス感染することもあるしなあ。

 絶対会社のパソコンには、じぶんのUSBメモリーなどはつなぐまいと思っている管理人なのであった。

 まあ、会社のパソコンには関与してないし。

 顧客情報が漏れたところで、おいらに責任は皆無だ。

 まあ、いいか。



ホームに戻る.ダイヤル0

サイト内の記事へのタグリンク↓
WindowsXP 

FC2ブログ内同タグ へのリンク↓
WindowsXP

 2014.04.10 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


Windows7のスタートメニューによく使うソフトやフォルダのショートカットを登録してみよう

サイトの文字の大きさを変える場合はクリック⇒ 文字を大きくする 文字を小さくする

カテゴリ:Windows7とWindows8 
テーマ:パソコンな日々 / ジャンル:コンピュータ

 Windows7のスタートメニューによく使うソフトのショートカットを表示させてみよう。

 スタートメニューによく使うソフトのショートカットを表示させておくと、必要なソフトをすぐに起動できて便利なのだ。

Windows7のスタートメニュー

 上の画像は、管理人のWindows7のスタートメニューの中身。

 もともと入っていたのは、『電卓』くらいだったのだが、よく使うソフトのショートカットを追加してある。

 

Windows7のスタートメニューによく使うソフトのショートカットをおいてみよう・アイコンをドラック&ドロップでスタートメニューに登録する。

1、タスクバーを右クリック。

2、『プロパティ』をクリック。

3、『スタートメニュー』タブをクリック。

4、カスタマイズをクリック。

5、 「 コンテキストメニューとスタートメニュへの項目のドラック/ドロップを有効にする 」にチェックが入っていることを確認。

6、スタートメニューに登録したいソフトのアイコンをクリック。

7、、マウスから手を離さずに、スタートメニューまで持っていき、スタートメニューの上でマウスから手を離す。

 

Windows7のスタートメニューによく使うソフトのショートカットをおいてみよう・アイコンを右クリックでスタートメニューに登録する。

1、 起動アイコンを右クリック。

2、 「 スタートメニューへ表示する(U)」を選択。

 

 ソフト・プログラムのショートカットだけでなく、よく使うフォルダやファイルのショートカットをスタートメニューに登録することもできる。

 登録したソフトやフォルダ・ファイルはワンクリックで開くことができる。

 この、Windows7のスタートメニューによく使うソフトやフォルダのショートカットを登録する機能、便利な機能なので覚えておいて損は無いと思う。



ホームに戻る.ダイヤル0

サイト内の記事へのタグリンク↓
Windows7 スタートメニュー ショートカット アイコン 起動 ソフト フォルダ 

FC2ブログ内同タグ へのリンク↓
Windows7 スタートメニュー ショートカット アイコン 起動 ソフト フォルダ

 2014.04.08 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


Windows7になったらタスクマネージャーはどうやって出す?

サイトの文字の大きさを変える場合はクリック⇒ 文字を大きくする 文字を小さくする

カテゴリ:Windows7とWindows8 
テーマ:パソコンな日々 / ジャンル:コンピュータ

 Windows7になったらタスクマネージャーはどうやって出すんだろう。

 

タスクマネージャーの役割

 タスクマネージャーは現在実行中のタスクの一覧と状態を表示する。

 タスクの一覧からタスクを選択して終了や切り替えを行うことができる。

 また、タスクの作成を行う。

 フリーズしたアプリケーションや、何らかの理由で閉じられないウィンドウを強制終了させる場合にしばしば用いられる。

  ただしこのような方法でアプリケーションを閉じた場合、殆どはデータ等が保存されない。

 

Windows7でタスクマネージャーを起動するには

1、Ctrl+Alt+Del キーを押し、現れたメニューから「タスク マネージャーの起動」を選択する。
 WindowsXPの時にはCtrl+Alt+Del キーでそのままタスクマネージャーが起動したのだが、Windows7では、Ctrl+Alt+Del キーを押すと、「ログオフ」「シャットダウン」「タスクマネージャー」などのメニュー画面が出てくるようになっている。

 

2、タスクバーを右クリック⇒メニューから「タスク マネージャー」を選択して起動。

 

3、Ctrl+Shift+Esc キーを押す。

 

 WindowsXPとWindows7以降では、ちょっと操作が違うものが他にもありそうだ。



ホームに戻る.ダイヤル0

サイト内の記事へのタグリンク↓
タスクマネージャー Windows7 Ctrl+Alt+Del  

FC2ブログ内同タグ へのリンク↓
タスクマネージャー Windows7 Ctrl+Alt+Del

 2014.04.02 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


WindowsXPにWindows Live メールをインストールしておくとWindows7・8への移行が楽らしい

サイトの文字の大きさを変える場合はクリック⇒ 文字を大きくする 文字を小さくする

カテゴリ:Windows7とWindows8 
テーマ:パソコンな日々 / ジャンル:コンピュータ

 WindowsXPのサポート終了に伴って、パソコンを買い換える人も多いと思う。

 新しいパソコンに、今まで使っていたWindowsXPのデータを新しいパソコンに移行するにはどうしたらいいか悩んでいる人も多いのでは?

 「Windows 転送ツール」でデータ移行を行えば、 ユーザー アカウント ・ドキュメント ・音楽 ・画像・ 電子メール・ インターネットのお気に入り・ プログラム設定などが一気に移行できる。

 「Windows 転送ツール」を利用するためには、OutlookExpressのデータをWindows Live メールにあらかじめ移行しておく必要があるそうだ。

 Windows7以降のWindowsパソコンでは、OutlookExpressが搭載されていない。

 OutlookExpressの代わりにMicrosoftが薦めているのがWindows Live メール。

 新しく買うパソコンにはWindows Live メールがインストールされているケースもある。

 というわけで、WindowsXPにWindows Live メールをインストールして、OutlookExpressのデータを移行しよう。

 

WindowsXPにWindows Live メールをインストールする

1. Windows Live メールをダウンロード サイト(http://www.microsoft.com/ja-JP/download/details.aspx?id=3945)から入手。
 画面右側にある[今すぐダウンロード] をクリック。

2. メッセージが表示されたら、[実行] をクリック。

3. メッセージが表示されたら、[実行する] をクリック。
 サービス利用規約の画面が表示されたら、利用規約を確認のうえ、問題がなければ[同意する] をクリックして次へ進む。

4.[メール] にチェックを入れて、[インストール] をクリック。

5. インストールの途中で設定を変更するかどうか聞かれます。
 必要に応じてチェック ボックスをオンにして、[続行] をクリック。

6. インストールが完了[閉じる] をクリック

 

OutlookExpressからWindows Live メールへデータを移動する

1、事前にメールアカウントの情報を保存するフォルダを作成しておく。

2、Outlook Express を起動させ、メニューの[ツール]から[アカウント]をクリック。

3、タブの[メール]をクリックして、表示されたアカウントを選択。

4、[エクスポート]ボタンをクリック。

5、保存先を事前に用意したフォルダーに設定し、ファイル名はそのままで[保存]ボタンをクリック。

6、Windows Live メールを起動する。 
*「電子メールアカウント情報を以下に入力してください。」と表示された場合は[×]ボタンで閉じる。

7、[ファイル]をクリックし、メニューの[オプション]から[電子メールアカウント]をクリック。

8、[インポート]ボタンをクリック。

9、アカウントの保存先のファイル名を指定して[開く]をクリック。

10、「アカウント」のウインドウに戻るので、アカウントが追加されたことを確認して、[閉じる]をクリック。

12、Windows Live メールの左側に移行したアカウントが表示されていることを確認。

 

 まあ、メールデータと連絡先だけなら、アカウントを保存したフォルダをUSBなどの外部記憶装置にコピーして、それを新しいWindowsパソコンのWindows Live メールでデータをインポートするという手もある。



ホームに戻る.ダイヤル0

サイト内の記事へのタグリンク↓
データ移行 WindowsXP Windows7 メール 連絡先 OutlookExpress WindowsLiveメール 

FC2ブログ内同タグ へのリンク↓
データ移行 WindowsXP Windows7 メール 連絡先 OutlookExpress WindowsLiveメール

 2014.03.27 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


Windows7のスタートメニューにショートカットアイコンをおいて、ソフトの起動を簡単に

サイトの文字の大きさを変える場合はクリック⇒ 文字を大きくする 文字を小さくする

カテゴリ:Windows7とWindows8 
テーマ:パソコンな日々 / ジャンル:コンピュータ

 頻繁に利用するソフトのアイコンは、はWindows7のタスクバーやスタートメニューにアイコンを表示させておく便利だ。

 PCのデスクトップ画面にショートカットアイコンをおいておく手もあるのだが、おいらはソフトに関してはあまりデスクトップにおいておいても使わない。

 フォルダやファイルはデスクトップに置いたりするんだけど。

 ソフトのショートカットアイコンはやっぱりスタートメニューに表示させたほうが使いやすい。

 クリックするだけでソフトが起動できて便利だよ。

 

 で、今日は、Windows7のスタートメニューによく使うソフトのアイコンを登録する方法。

 

Windows7のスタートメニューにソフトのアイコンを表示する

1、スタートメニューに登録したいソフトなどを右クリック。

2、『スタートメニューに登録する』をクリック。

 

Windows7のスタートメニューからアイコンを削除する

1、スタートメニューの削除したいアイコンを右クリック。

2、『この一覧から削除』をクリック。

 

スタートメニューからタスクバーにアイコンを移動する

1、スタートメニューの移動したいアイコンを右クリック。

2、『タスクバーに移動する』をクリック。

 

 まあ、Windows8では、基本的にスタートメニューそのものがないわけだけど。

 やっぱり慣れた操作ができるのが一番いい。

 Windows9ではスタートメニューが復活するとかしないとかいう話があるのも、そんな理由からかも。



ホームに戻る.ダイヤル0

サイト内の記事へのタグリンク↓
Windows Windows7 スタートメニュー ショートカット 

FC2ブログ内同タグ へのリンク↓
Windows Windows7 スタートメニュー ショートカット

 2014.03.23 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


WindowsPCのシャットダウン

サイトの文字の大きさを変える場合はクリック⇒ 文字を大きくする 文字を小さくする

カテゴリ:Windows7とWindows8 
テーマ:パソコンな日々 / ジャンル:コンピュータ

 Windowsパソコンのシャットダウンは、Windows7までとWindows8では相当違う。

 今回は、Windows7と8のシャットダウンの方法をまとめてみた。

 

Windows7をシャットダウンする方法

1、[スタート]⇒[シャットダウン]をクリックしてパソコンをシャットダウンする。

2、Ctrl+Alt+Delを同時に押す⇒右下の電源マークをクリックしてシャットダウン。

3、Windowsロゴのついたキーを押す⇒シャットダウン。

 

Windows8をシャットダウンする方法

1、マウスカーソルを画面右上(または右下)⇒[歯車]クリック ⇒ [シャットダウン]

2、マウスカーソルを画面左下 ⇒ メトロスタート表示 ⇒ 右上の[ユーザー]クリック ⇒ [サインアウト]から[シャットダウン]を選択。

3、Ctrl+Alt+Delを同時に押す⇒右下の電源マークをクリックしてシャットダウン。

4、Windowsロゴのついたキーを押す⇒シャットダウン。

 

 Windows8.1の場合、スタートメニューが復活したので、スタートメニューからシャットアウトができる。

 他にも、電源ボタンを押すだけでもシャットダウンする設定方法がある。

 

Windows7で電源ボタンでシャットダウンする方法

1、[コントロールパネル]⇒[ハードウエアとサウンド]⇒[電源オプション]⇒[電源ボタンの動作の変更]

2、電源ボタンを押したときの動作をシャットダウンに選択する。

 

Windows8で電源ボタンでシャットダウンする方法

1、[コントロールパネル]⇒[電源オプション]⇒[電源ボタンの動作の選択]

2、電源ボタンを押したときの動作をシャットダウンに選択する。

 

 Windows7も8も、電源ボタン・スリープボタン・パソコンを閉じたときの動作それぞれに設定が可能。

 

 Windows8の操作は、今までのWindowsに比べて、独特だが、Windows8.1はやっぱり『スタート』⇒『シャットダウン』が復活している。

 Windows8の所有者は無償で、Windows8.1へグレードアップができるというから、使い慣れた、Windowsの操作でシャットダウンできるよう8.1にグレードアップするのが一番楽かもしれない。



ホームに戻る.ダイヤル0

サイト内の記事へのタグリンク↓
Windows シャットダウン Windows7 Windows8 

FC2ブログ内同タグ へのリンク↓
Windows シャットダウン Windows7 Windows8

 2014.03.21 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


wordの自動箇条書きをOFFにしよう

サイトの文字の大きさを変える場合はクリック⇒ 文字を大きくする 文字を小さくする

カテゴリ:Windows7とWindows8 
テーマ:パソコンな日々 / ジャンル:コンピュータ

 Wordは会社でしか使わない管理人。

 Wordはおせっかいな機能がついていて使いにくい。

 『・箇条書き』と書いてEnterキーを押すと、次の行から、また、『・』で始まる。

 『1.』と入れてEnterキーを押すと、次の行から、『2.』となる。

 これ、wordを使ってると戸惑うんじゃない?

 wordの自動箇条書きの機能なんだけど。

 Wordの箇条書きって、おせっかいというより迷惑な機能の一つだと思うのは私だけか?

 wordの箇条書きを自動でできないようにしてしまおう。

 

Wordの箇条書きが自動で行われないようにする(2003まで)

1、メニュー⇒[ツール]⇒[オートコレクトのオプション]をクリック。

2、 [オートコレクト]⇒[入力オートフォーマット]タブをクリック。

2、[入力中に自動で書式設定する項目]の[箇条書き(行頭文字)][箇条書き(段落番号)]チェックをOff。

3、[OK]ボタンをクリック。

 または、右クリックして表示されたショートカットメニューから[箇条書きと段落番号]を選択する⇒[箇条書きと段落番号]ダイアログを表示させて箇条書きを解除。

 

Wordの箇条書きが自動で行われないようにする(2007以降)

1、[ホーム]タブ ⇒[段落]⇒[箇条書き]の[▼]ボタンをクリック。

2、[行頭文字ライブラリ]⇒「なし」をクリック。

 または、右クリックして表示されたショートカットメニューから [箇条書き]⇒[行頭文字ライブラリ] ⇒「なし」をクリック。

 

 初期設定で、自動箇条書きができないようにしてもらったほうがうれしいけどなあ。



ホームに戻る.ダイヤル0

サイト内の記事へのタグリンク↓
word 箇条書き 

FC2ブログ内同タグ へのリンク↓
word 箇条書き

 2014.03.07 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


Windows7以降のWindowsOSに標準で付属している電卓が便利だ

サイトの文字の大きさを変える場合はクリック⇒ 文字を大きくする 文字を小さくする

カテゴリ:Windows7とWindows8 
テーマ:パソコンな日々 / ジャンル:コンピュータ

 Windows7・8で便利になった機能といえば電卓機能。

 WindowsXPでも電卓機能はあったのだが、あまり実用的とは思えないような機能だった。

 でも、Windows7移行のWindowsOSについている電卓機能はXPの電卓機能とは相当違う。

 

 Windows7移行の電卓は単純な計算だけでなく、計算結果のコピーや貼り付けなどもできる。

 表示の切り替えで、関数電卓として使ったり単位を加えたりもできる。

 計算途中の式も「履歴」として残せる。

 

Windowsの電卓・計算結果のコピーの仕方

1、電卓で計算する。

2、編集⇒コピー

 

Windowsの電卓を関数電卓として使う

1、表示⇒関数電卓とクリック。

 関数電卓のほかプログラマ・統計・住宅ローンの計算などの機能もある。

 

単位の変換設定

1、表示⇒単位の変換。

2、電卓の横に変換する単位の種類が表示される。

3、変換もとの単位と変換先の単位を選択。

 ただし、重量の単位では、日本の俵などの単位は変換出来ない。

 長さも、日本の里とかは変換出来ない。

 

計算履歴を残す

1、「表示」-「履歴」と選択。

2、表示部分が上下に拡がり、その状態で計算していくと、計算式が履歴として残すことができる(ショートカットキーは [ctrl]+「H」)。

 「編集」-「履歴」-「履歴のコピー」を選択。  これで複数行の計算式も丸ごとコピーして記録できます。

 ただし、いったん「電卓」を終了させてしまうと、前回の結果は消えてしまう。

 

 日本の単位に換算できる機能がつくともっといい。



ホームに戻る.ダイヤル0

サイト内の記事へのタグリンク↓
Windows WindowsXP OS 電卓 

FC2ブログ内同タグ へのリンク↓
Windows WindowsXP OS 電卓

 2014.03.04 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


Windows7、Windows8のシャットダウンの方法

サイトの文字の大きさを変える場合はクリック⇒ 文字を大きくする 文字を小さくする

カテゴリ:Windows7とWindows8 
テーマ:パソコンな日々 / ジャンル:コンピュータ

 Windows7、Windows8のシャットダウンの方法。

 

Windows7をシャットダウンする方法

・[スタート]⇒[シャットダウン]をクリックしてパソコンをシャットダウンする。

・Ctrl+Alt+Delを同時に押す⇒右下の電源マークをクリックしてシャットダウン。

・Windowsロゴのついたキーを押す⇒シャットダウン。

 

Windows8をシャットダウンする方法

・マウスカーソルを画面右上(または右下)⇒[歯車]クリック ⇒ [シャットダウン]

・マウスカーソルを画面左下 ⇒ メトロスタート表示 ⇒ 右上の[ユーザー]クリック ⇒ [サインアウト]から[シャットダウン]を選択。

・Ctrl+Alt+Delを同時に押す⇒右下の電源マークをクリックしてシャットダウン。

・Windowsロゴのついたキーを押す⇒シャットダウン。

 

 Windows8.1の場合、スタートメニューが復活したので、スタートメニューからシャットアウトができる。

 他にも、電源ボタンを押すだけでもシャットダウンするように設定する方法もある。

 

Windows7で電源ボタンでシャットダウンするように設定する方法

1、[コントロールパネル]⇒[ハードウエアとサウンド]⇒[電源オプション]⇒[電源ボタンの動作の変更]

2、電源ボタンを押したときの動作をシャットダウンに選択する。

 

Windows8で電源ボタンでシャットダウンするように設定する方法

1、[コントロールパネル]⇒[電源オプション]⇒[電源ボタンの動作の選択]

2、電源ボタンを押したときの動作をシャットダウンに選択する。

 

 Windows7もWindows8も、電源ボタン・スリープボタン・パソコンを閉じたときの動作それぞれに設定が可能。

 

 Windows8の操作は、今までのWindowsに比べてると独特だ。

 この独特さ加減が今までのWindowsユーザーに嫌われる原因。

 

 ただし、Windows8の所有者は無償で、Windows8.1へグレードアップができる。

 Windows8.1はスターをメニューが復活しているので、Windows8.1にアップグレードしてしまうのが一番良いかもしれない。

 


気に入ったら、押してね⇒FC2 Blog Ranking

ホームに戻る.ダイヤル0

サイト内の記事へのタグリンク↓
Windows7 Windows8 シャットダウン 

FC2ブログ内同タグ へのリンク↓
Windows7 Windows8 シャットダウン

 2014.02.16 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


無料ウイルスソフト
管理人も使用中
キングソフトインターネットセキュリティU

最新記事
ようこそ


サイト内外の検索ができます。キーワードを入力してください。
サイト内検索↓

カスタム検索

サイト外検索↓

設置日時 2008・02・17

マカフィー・ストア

全記事表示リンク
カテゴリ
タグリスト 改

ドメイン独自ドメインブログFirefoxブラウザフリーズアドオンIEIE8PhoneスマートフォンスキャナリロードスーパーリロードGoogleSEO検索検索結果上位サイトワードパットWindowsフリーソフトWord無料ソフトワープロInternetExplorer脆弱性セキュリティパソコン携帯電話絵文字シーサーブログカスタマイズテンプレートWindows8.1Windows8メインストリームサポート延長サポートWindows7サポートAndroidOfficeQuickofficeWindowsXP起動アイコンフォルダショートカットスタートメニューCtrl+Alt+DelタスクマネージャーWindowsLiveメールデータ移行メール連絡先OutlookExpressシャットダウンテキスト比較ローマ字入力入力キーボード東日本大震災インターネット災害タッチパットポインティングデバイスノートパソコンword箇条書き電卓OS入力できない半角排紙トレーが開いています印刷プリンターエラーYahoo!ヘッドクリーニングプリンターヘッド目詰まりExifGPSクリーニングインク染料顔料パスワードOpenOffice.orgLibreOfficeApacheOpenOffice百度ShimejiアプリBaidu日本語入力hao123IMEクラウドスケジュールPCalphaEDIT32ビット64ビットアップグレード電源の管理日本ヒューレット・パッカード3万円台赤ロム白ロムUSBメモリーフォーマットtranscendUSBメモリー再生書き込み禁止になっていますリカバリーツールGooアップデート更新プログラムオリンピックコメントニュースLinuxブートパーティションInter7フリーメールメールアドレス2ちゃんねる流出個人情報ID2チャンネルインストールWubiUbuntu日本語版USBハブ転送速度セルフパワーバスパワープライバシーGmail侵害マウスホイールマウスIDManager管理作成ハードディスク買い替え文字化け改行コード文字コードサイズ起動できないブートローダーLANポートデバイスマネージャーデュアルブートメモリメニューバーSilverlightFlashPlayerAdobeOSLinuxUbunt12.04.2インターネット接続言語の設定日本語化UnetBootinメモリー光学式右クリックXPKeePassGoogle+アドセンススコアボードインポートIDmanegerトラブルMicrosoftKB2839229Linuxで更新復元セーフモードシステムvCalendarvcsスマホジョルテThunderbirdOutlookサンダーバードPIMエクスポートFC2手書き入力Yahoo!IDツール確認GooglePlay詐欺カレンダーアウトルック同期オフラインジョルデCSVガラゲーSIMカードフィーチャーフォン7スポットスポットタッチペン金属繊維ペンスタイラスデーター赤外線通信共有GoogleアカウントMoborobo2.0iOS無線LANYahoo!スマホマネージャーアンドロイドOS日時表計算ソフト自動更新関数表示アンドロイドカメラシャッター音DoNotTrackIE10デスクトップExplorerIntrenet8ウインドウズ732ビット64偽サイト偽装サイトスタイラスペンMZK-RP150NポータブルWi-Fiポケットルータ無料無線LANスポット無線LANスポットドコモルーター有線LANタブレットアダプタ有線BlueStacksパスワード管理ソフト注意点サイトショットノートヌーボードショットノートヌーボードコード閲覧SafariInternetLunascapeChromeキャッシュクッキー一時ファイル削除履歴証明書取り消し情報ルート証明インターネットオプションアップロード情報違法開示ゴミ箱設定容量ファイルクラッシャーKingsoftAntiSpywareLunascape6キャッシュバックFC2コンテンツキャンペーンマーケット反映OpenOffice.orgCalcシートExcel列幅セル表計算移動入力欄テンキー数字ツイッターTwitterYahoo!カレンダーメールソフトネクサス7無料メールgooショートカットキープリンタ詰替プルンターノズルチェックカートリッジジャンル私製はがき年賀状フォント手書き手書き風フォント素材日本郵政はがきデザインキットOpenOfficeCalcオフィスソフトOpenOfficeカテゴリNexus7iPadminiスペックHiMakeDocWeb自動巡回用ファイルコンバートソフトカテゴリーリストタイトルテーマGoogleアドセンスストレージYahoo!ファイル関連記事シーサー株式会社JavaScriptウインドウズXPサポート終了カウントダウンJavascriptゲームCalcWi-Fi接続フリースポットFC2ブログ登録Writer宛名ワープロソフト制作レンタルトラックバック迷惑URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。